最新記事

ブレグジット

英メイ首相、与党の信任獲得 EU離脱案の議会承認は不透明なまま

2018年12月13日(木)09時55分

 12月12日、英国の与党・保守党はメイ首相に対する党首信任投票を行い、メイ氏は信任された。首相官邸に到着した同首相。ロンドンで撮影(2018年 ロイター/EDDIE KEOGH)

英国の与党・保守党は12日、メイ首相に対する党首信任投票を行い、メイ氏は信任された。ただ、3分の1以上の議員が不信任票を投じたことから、EU離脱を巡り英議会がこう着状態になる可能性が浮き彫りとなった。

信任投票の結果は、信任200票、不信任117票。離脱強硬以外の議員も不信任票を投じたことから、離脱案の議会承認は前途多難。13日のEU首脳会議を控え、離脱を巡る先行き不透明感は続いている。

メイ氏はEUとの離脱合意案について、11日の議会採決を目指していたが、可決の見込みがないことを認め、10日に延期を表明した。

信任投票後にメイ氏は、反対票を投じた議員の声に耳を傾けると述べ、離脱案で最も懸案事項となっているアイルランドとの厳格な国境管理を避けるための暫定的な安全策(バックストップ)について、法的保障を確保することを目指すと説明した。

保守党の多くの議員からは「バックストップ」が永久に続く可能性があるとの懸念が出ている。

メイ氏は「多くの議員が不信任票を投じた。私はそうした議員の主張を聞いた」と述べ「今度は、英国民のためにブレグジットを果たすための仕事に取り掛かる必要がある」と述べた。一方、EU側は、いったん合意した離脱案を修正するつもりはないとしている。

投票結果を受け、メイ氏の支持派は党として首相を支えるべきだと訴えた。一方、離脱強硬派は、メイ氏は辞任すべきだとの見方を示している。

強硬派を率いるジェイコブ・リースモグ議員はBBCテレビに対し「メイ首相にとってひどい結果だ」と述べ、「憲法上のあらゆる規範に鑑み、首相は早急に女王と面会し、辞任する必要があるということを理解すべきだ」と主張した。

メイ氏はこの日、信任投票実施に先立ち、2022年の次期総選挙前に辞任する考えを示した。

投票結果を受け、英ポンドは一時1.2672ドルまで上昇した。その後、不信任票が多くの市場関係者の予想より多かったことが分かると、1.2605ドルまで押し戻された。

[ロンドン 12日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 2

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に殺到

  • 3

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 4

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 7

    人工衛星で「夜空に広告」──ロシア新興企業のプラン…

  • 8

    【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

  • 9

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月