最新記事

移民

「国境なき医師団」の移民救助船「アクエリアス」を伊当局が差し押さえ──病原菌を海にバラまいた容疑

Italy Orders Ship Seizure Over Contamination Fears

2018年11月21日(水)16時03分
シャンダル・ダ・シルバ

アクエリアス号に救助され、イタリアのシチリー島で下船する移民たち。彼らが病原菌扱いされるのは今に始まったことではない 2017年9月 Tony Gentile- REUTERS

<移民の衣服や移民の治療に使った医療器具などの汚染物を海に不法投棄した、と当局は言うが、「医師団」はとんでもない偏見と反論>

イタリア当局は、NPO「国境なき医師団(MSF)」が運営する移民救助船「アクエリアス号」の差し押さえを命じ、MSFへの捜査も開始した。同船がゴミを不法投棄した容疑だという。当局側の主張によると、不法投棄されたゴミの中には衣服も含まれており、これらの衣服はHIVや結核菌、髄膜炎をもたらす菌で汚染されている恐れがあるというのだ。

シチリア島カターニアの検察当局はアクエリアス号の差し押さえを命じ、同時にこの船を運営しているMSFを訴追した。AP通信は訴追の理由について、50回近い難民救助活動の間に同船が蓄積した合計24トンに上る医療廃棄物や汚染された廃棄物を不法投棄したことだと報じている。

MSFによれば、アクエリアス号は現在フランスのマルセイユに停泊しており、イタリアの主権は及ばない。イタリアの司法当局は、アクエリアス号が同国の領海内に入ったところで、差し押さえを行うと述べている。

イタリア当局はMSFに46万ユーロ(約5900万円)の罰金の支払いを命じている。当局側はこの金額の根拠について、廃棄物の不法投棄によりMSFが支払いを免れた処理費用に相当する額だとしている。

「汚染された衣服」が危ない?

さらにイタリアにあるMSFの銀行口座を凍結し、24名の関係者について捜査を開始した。対象者には、アクエリアス号の船長エフゲニー・タラニン、および、MSFベルギーでイタリア関連ミッションの副責任者を務めるミケーレ・トライニティが含まれている。

AP通信の報道によると、検察当局は声明で、新たにヨーロッパに到着した移民の中には、疥癬(かいせん)やHIV、結核、髄膜炎の患者がいると主張。こうした病気を持つ患者が着ていた「汚染された衣服」が、感染を広げる恐れがあるとしているという。

こうした検察側の主張に、HIV/エイズに関する複数の啓蒙団体は激しく反発している。イギリスのHIV支援団体、ナショナル・エイズ・トラストのデボラ・ゴールド会長は、英ガーディアン紙に対し「衣服にはHIV伝染のリスクはそもそもなく、そのような事例も1つも報告されていない」と指摘した。

「このような主張は、エイズに対する誤った情報がまかり通っていた1980年代でさえ、荒唐無稽として退けられていただろう。2018年の今ならなおさらだ」とゴールドは続けた。

ニュース速報

ワールド

レジ袋有料化で実証実験、経産省や財務省で辞退率の変

ワールド

原油横ばい、新型肺炎感染拡大への懸念根強く

ビジネス

前場の日経平均は小幅続落、新型肺炎は引き続き懸念材

ワールド

米弾劾裁判の民主党、トランプ氏主張のバイデン氏不正

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 5

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 9

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 10

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月