最新記事

中間選挙

米史上最年少の女性下院議員の公約は、皆保険と移民に優しい社会

Five Things About Alexandria Ocasio-Cortez

2018年11月8日(木)16時04分
ジェシカ・クォン

オカシオコルテスは1年前までバーテンダーをしていた Andrew Kelly-REUTERS

<女性候補が躍進した米中間選挙で、史上最年少の下院女性議員が誕生することになったが、夢のような公約は果たしてかなうのか>

11月6日に行われた米中間選挙の連邦下院選(ニューヨーク州14区)で、米民主党候補アレクサンドリア・オカシオコルテス(29)が米共和党候補のアンソニー・パッパスを破った。史上最年少の下院女性議員が誕生する歴史的な勝利だ。

彼女はニューヨークのブロンクス地区で、労働者階級の両親のもとに生まれた。母親は自治領プエルトリコ出身。父親はブロンクス南部で零細企業を営んでいたが2008年に肺がんで亡くなった。彼女は米ボストン大学に在学中、民主党上院議員で2009年に死去したテッド・ケネディの下で移民問題に取り組み、卒業後は教育分野やコミュニティ・オーガナイザー(社会福祉活動家)として活動。下院選には民主社会主義者として初出馬した。

彼女について知っておくべきことは以下5つ。

民主党予備選で歴史的勝利

1年前まで家族で食べていくためにバーテンダーをしていた彼女は、6月の民主党予備選で現職の大物下院議員、ジョー・クローリーを破った。2014年6月の下院選の予備選(バージニア州7区)で、大学教授のデーブ・ブラットが共和党院内総務のエリック・カンターを破って以来の大番狂わせだった。

オカシオコルテスの大金星は、その後の政治に大きな影響を与えた。当時下院民主党ナンバー4だったクローリーは、中間選挙で民主党が勝てば、ナンシー・ペロシ下院院内総務の後釜になると見られていたからだ。

史上最年少の下院女性議員

オカシオコルテスは29歳で、米史上最年少の下院女性議員になった。これまでの記録は、2015年にニューヨーク州で選出された共和党のエリス・ステファニク議員の30歳だった。

「全国民に医療保険を」

彼女が選挙戦で重点的に訴えた政策の1つは「全国民に医療保険を」。2016年大統領選の予備選で旋風を引き起こしたバーニー・サンダース上院議員を含む民主党進歩派(プログレッシブ)は、年間費用が30兆ドル以上になるという試算が出ても、その実現を訴えてきた。カナダやイギリス、フランスにもそうした医療保険制度がある、と彼女は主張した。

「全国民が公的医療保険に加入すれば、国民全体で大幅な節約になる。単なる絵空事ではない」と、彼女は9月に米CNNの番組「ステート・オブ・ザ・ユニオン」に出演した際に言った。「医療保険予算の拡大がより良い未来をもたらすことを、私たちは自覚する必要がある。次世代への投資だ」

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 2

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外生命からのメッセージ?

  • 3

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、われわれは孤独だった?

  • 4

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    優秀過ぎるアジア人学生「締め出し」でハーバード大…

  • 8

    数学が得意な日本で、なぜ三角関数が嫌われる?

  • 9

    北朝鮮、日本政府に「徴用工」問題への介入を予告

  • 10

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 3

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──日本文化の浸透がその背景に?

  • 4

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 5

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 5

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 10

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月