最新記事

中間選挙

米史上最年少の女性下院議員の公約は、皆保険と移民に優しい社会

Five Things About Alexandria Ocasio-Cortez

2018年11月8日(木)16時04分
ジェシカ・クォン

オカシオコルテスは1年前までバーテンダーをしていた Andrew Kelly-REUTERS

<女性候補が躍進した米中間選挙で、史上最年少の下院女性議員が誕生することになったが、夢のような公約は果たしてかなうのか>

11月6日に行われた米中間選挙の連邦下院選(ニューヨーク州14区)で、米民主党候補アレクサンドリア・オカシオコルテス(29)が米共和党候補のアンソニー・パッパスを破った。史上最年少の下院女性議員が誕生する歴史的な勝利だ。

彼女はニューヨークのブロンクス地区で、労働者階級の両親のもとに生まれた。母親は自治領プエルトリコ出身。父親はブロンクス南部で零細企業を営んでいたが2008年に肺がんで亡くなった。彼女は米ボストン大学に在学中、民主党上院議員で2009年に死去したテッド・ケネディの下で移民問題に取り組み、卒業後は教育分野やコミュニティ・オーガナイザー(社会福祉活動家)として活動。下院選には民主社会主義者として初出馬した。

彼女について知っておくべきことは以下5つ。

民主党予備選で歴史的勝利

1年前まで家族で食べていくためにバーテンダーをしていた彼女は、6月の民主党予備選で現職の大物下院議員、ジョー・クローリーを破った。2014年6月の下院選の予備選(バージニア州7区)で、大学教授のデーブ・ブラットが共和党院内総務のエリック・カンターを破って以来の大番狂わせだった。

オカシオコルテスの大金星は、その後の政治に大きな影響を与えた。当時下院民主党ナンバー4だったクローリーは、中間選挙で民主党が勝てば、ナンシー・ペロシ下院院内総務の後釜になると見られていたからだ。

史上最年少の下院女性議員

オカシオコルテスは29歳で、米史上最年少の下院女性議員になった。これまでの記録は、2015年にニューヨーク州で選出された共和党のエリス・ステファニク議員の30歳だった。

「全国民に医療保険を」

彼女が選挙戦で重点的に訴えた政策の1つは「全国民に医療保険を」。2016年大統領選の予備選で旋風を引き起こしたバーニー・サンダース上院議員を含む民主党進歩派(プログレッシブ)は、年間費用が30兆ドル以上になるという試算が出ても、その実現を訴えてきた。カナダやイギリス、フランスにもそうした医療保険制度がある、と彼女は主張した。

「全国民が公的医療保険に加入すれば、国民全体で大幅な節約になる。単なる絵空事ではない」と、彼女は9月に米CNNの番組「ステート・オブ・ザ・ユニオン」に出演した際に言った。「医療保険予算の拡大がより良い未来をもたらすことを、私たちは自覚する必要がある。次世代への投資だ」

ニュース速報

ワールド

ライトハイザーUSTR代表、対中関税保留発言報道を

ビジネス

英ポンド急落、ブレグジット懸念で円とドルに安全買い

ビジネス

米小売売上高、10月は0.8%増に急回復 ハリケー

ビジネス

米利上げ、慎重に進めるべき=アトランタ地区連銀総裁

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 10

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 1

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 2

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月