最新記事

サイエンス

都市を日光の熱から守る古代エジプトの青

The Egyptian Blue Effect

2018年11月7日(水)17時00分
アリストス・ジョージャウ

古代エジプトの神々や王族を描くのに使われた色素のエジプト青が地球温暖化防止に役立つかもしれない Freeartist/iStock.

<人類最古の人工色素と言われる「エジプシャンブルー」に隠されていた熱い日光をはじき返す不思議なパワー>

エジプシャンブルー(エジプト青)という色素をご存じだろうか。古代エジプト人が作り出したもので、世界最古の人工色素とも言われる。この青い色素が数千年の時を経て、現代社会でも大いに役に立つと期待できることが最新の研究で明らかになった。

米ローレンス・バークレー国立研究所の研究チームが学術誌ジャーナル・オブ・アプライド・フィジックスで発表した論文によれば、エジプト青に光を当てたときに放たれる蛍光(光や電磁波の照射を受けた際に物体から発せられる光のこと)は、従来考えられていたより10倍も強いことが判明した。

つまり、この色素の入った塗料を屋上や外壁面に塗れば、強い日差しを浴びる夏でも建物が熱くなりにくくなってエアコンの使用を減らせるかもしれない――研究チームはそんな期待を抱いている。

egypt-chart.jpg

Blakeley Lab

エジプト青の材料はケイ酸銅カルシウムという物質だ。古代エジプトでは神々や王族を描く際に使われ、ローマ人はこの色をカエルレウムと呼んだ。だが古代ローマの時代が終わると使われなくなり、19世紀になるまで製法も忘れ去られていた。

ローレンス・バークレーの研究チームはエジプト青と、比較のために他の色で塗ったサンプルを日光に当てた。そしてその後の温度を計測し、放たれる蛍光のフォトン(光子、光の粒子)の量を計算したという。

これにより、建物の温度上昇を防ぐ効果があるのはどんな色かについて新たな知見が得られた。建物を涼しく保つために最もよく使われるのは、日光を反射する性質を持つ白の塗料や壁材だ。だがデザイン上の理由から、白以外の色を使いたい場合もある。これまでにローレンス・バークレーが行った研究では、蛍光ルビーレッドが白の代替として効果的なことが分かっていた。そして今回、エジプト青も新たにリストに加わったわけだ。

また、エジプト青の発する蛍光は発電にも利用できるかもしれない。先行研究において、エジプト青は可視光を吸収して近赤外線を発することが分かっている。エジプト青で染めた窓の縁に太陽電池パネルを設置すれば、窓で反射された大量の近赤外線のエネルギーを電気に変えられる可能性がある。

見た目が涼しげなだけでなく実際に建物を涼しく保ち、しかもエネルギーを生み出す。エジプト青は悠久の時を経て、地球温暖化の防止に一役買うかもしれない。

<本誌2018年11月06日号掲載>

※11月6日号は「記者殺害事件 サウジ、血の代償」特集。世界を震撼させたジャーナリスト惨殺事件――。「改革」の仮面に隠されたムハンマド皇太子の冷酷すぎる素顔とは? 本誌独占ジャマル・カショギ殺害直前インタビューも掲載。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 2

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 6

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

  • 7

    【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 6

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 7

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 8

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 9

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 10

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月