最新記事

東南アジア

タイ観光地ピピレイ島、立ち入り禁止延長 環境破壊の生態系回復進まず

2018年10月7日(日)22時20分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ピピレイ島にまだ中国人観光客が押し寄せる前のマヤ湾(筆者撮影)

<かつては観光による収入のため自然環境が破壊されることに無頓着だった東南アジア各国も、持続可能な観光収入のために動き出した──>

タイの有名観光地であるアンダマン海に浮かぶ無人島「ピピレイ島」は2018年6月1日から環境保護、生態系回復を目的に6カ月間の観光客全面的立ち入り禁止措置が取られていたが、タイ当局はこのほど禁止期間の無期延長を決めた。

ピピレイ島はタイ南部のリゾート地プーケットやクラビからスピードボートに乗船して約1時間半で訪れることができる観光地で、三方を緑に覆われた石灰岩の山に囲まれ白い砂浜が美しいマヤ湾は世界中の観光客を引きつけてきた。

ところが、近年ピピ諸島の中心となるピピドン島に宿泊施設や飲食店が乱立し、ピピドン島経由でピピレイ島を訪れる観光客も激増、1日に4000人から5000人が狭いピピレイ島マヤ湾のビーチに押し寄せる事態が続いていた。

マヤ湾は入り口が狭く、砂浜にスピードボートが次々と停泊するため、船外機のスクリューや船体が海底の珊瑚礁などを傷つける事例が多く報告されるようになった。

事態を重視したタイ政府、観光当局、自然保護組織などは2018年3月に「生態系の回復を促進するため」として6月1日から9月30日までの「観光客の全面的立ち入り禁止措置」を発表、6月1日からは厳しい監視が続いていた。

映画「ザ・ビーチ」で一躍有名に

ピピレイ島は2000年に公開された米映画「ザ・ビーチ」(主演レオナルド・ディカプリオ)で一躍有名となり、世界中の観光客が押し寄せる一因となった。映画撮影時には砂浜などにあった自然の椰子の木を抜いたり、新たに植えたり、砂浜を造成したりする計画が問題となり、タイ当局との間で撮影後に原状回復を図ることで合意した経緯がある。撮影終了後は映画会社が多額の費用を投じてもともとあった砂浜の環境に戻したことも話題を集めた。

観光当局などによると特に近年は中国人観光客がピピレイ島に殺到し、海底の生態系破壊に加えてゴミ問題、トイレの問題、マナー問題なども浮上、砂浜や後方のジャングルでも深刻な環境問題が発生していたという。

当初の渡航禁止期間である9月30日を前に環境当局などがマヤ湾の生態系を調査したところ、珊瑚礁の破壊は止まったものの回復が予想通りに進んでいないことなどから「禁止期間を延長し、無期延長とする」ことが決まった。今後どのくらい禁止期間が続くのかは明確になっていないが、今後サンゴ礁の回復を見ながら決定していくとしている。

そして観光客の渡航解禁後も1日の訪問客の数を制限し、マヤ湾内のスピードボートの停泊場所も一定の場所に制限する方針という。
ビビドン島は2004年12月のスマトラ島沖地震と津波で巨大な津波の被害を受けて多数の犠牲者を出した。その後急速な復興を遂げて津波被災以前の賑わいを取り戻したものの、ピピレイ島の閉鎖に伴う観光産業への深刻な影響から地元は1日も早い「ピピレイ島への渡航解禁」を要望していたが、タイ当局が自然保護を優先させた形となった。

ニュース速報

ワールド

ドイツの新型コロナ新規感染者数が初めて1万人突破

ワールド

ベネズエラ首都住民の約75%が昨年より食事量減、コ

ビジネス

訂正:職場の「人からロボットへ」の動き、コロナ禍で

ビジネス

成田空港、今年4月からの国内線の着陸料・停留料を全

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 6

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 7

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 8

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 9

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月