最新記事

ノーベル賞

今年のノーベル平和賞のテーマに性暴力が選ばれた訳

2018年10月12日(金)15時45分
マイケル・ハーシュ

ノーベル平和賞を受賞したイラクの活動家ムラド(左)とコンゴの医師ムクウェゲ Lucas Jackson-REUTERS, Vincent Kessler-REUTERS

<1年前に始まった #MeToo 運動が授賞の背景に――文学賞関係者のレイプ疑惑も影響した?>

ノルウェーのノーベル賞委員会は10月5日、性暴力と闘う2人の活動家に今年の平和賞を授与すると発表した。1人はイラクの少数派ヤジディ教徒で、テロ組織ISIS(自称イスラム国)による性暴力の被害者でもあるナディア・ムラド。もう1人はコンゴ(旧ザイール)で、被害女性の治療と支援に取り組む医師デニ・ムクウェゲだ。

同じ頃、アメリカでは性的暴行疑惑が持ち上がっている保守派の最高裁判事候補ブレット・キャバノーの指名承認がほぼ確実になった。

2つの出来事には直接の関係はない。だが1年前のこの日は、ニューヨーク・タイムズ紙が大物映画プロデューサーのハービー・ワインスティーンによる悪質なセクハラ行為を暴露した日だった。この報道をきっかけに、性的被害を告発する「#MeToo」運動が世界中に拡散した事実を抜きにして、今年のノーベル平和賞を語るのは難しい。

ノーベル賞委員会のベリット・レイスアンデルセン委員長は記者会見で、今回の受賞者と#MeToo の関連を認めた。「重要なのは女性の苦しみや性的虐待に目を向けること。その意味で両者には共通点がある」ムラドは3カ月にわたりISISの性奴隷にされ、母親を含む多くのヤジディ教徒の女性が殺された。ムクウェゲが何万人ものレイプ被害者を治療したコンゴ東部は国連が「世界のレイプ首都」と呼ぶ地域で、本人も家族も武装勢力に襲われた。

文学賞の醜聞が影響か?

ノーベル平和賞については、数十年前から次第に「政治化」してきたとよく言われる。ノーベル賞委員会は「正しい歴史の側」と見なした運動や個人に応援メッセージを送る傾向がある。

特に平和や人権のために活動する個人や組織が圧力を受けている場合は、「成果や実績より目標や夢に賞を与える」と、平和賞に詳しい米ミネソタ大学のロン・クレッブズ教授(国際政治)は指摘する。「債務危機で圧力を受けていたEUに賞を贈ったり、IAEA(国際原子力機関)の目標達成を後押しするために受賞させたこともある。(今年も)それと同じだ」

おそらく最も有名なのは09年、就任後1年もたたないうちに受賞したオバマ米大統領の例だろう。だがオバマは結局のところ、ノーベル賞委員会が期待したような平和の使者ではなかった。オバマ政権はアフガニスタンの米軍を増派し、ドローン(無人機)を使った攻撃を3倍以上に増やした。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 9

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月