最新記事

沖縄

沖縄県知事選挙に吹く、新しい風

2018年9月22日(土)21時35分
山田文比古(東京外国語大学教授)

沖縄の若い世代の動向が注目される (写真はイメージ) Electra-K-Vasileiadou

<今回の沖縄県知事選挙は、前回と比べ、大きく構図が変化している。そして、そのカギとなるのが、若い世代の動向だ>

今回の沖縄県知事選挙は、前回と比べ、大きく構図が変化している。その最大の要因は、公明党が保守系候補への支援を表明したことに加え、それに維新が相乗りする形となったため、前回のオール沖縄の得票をしのぐ勢いであることだが、もう一つ、新しい旋風も巻き起こっている。それは、翁長雄志前知事が提起したアイデンティティ論に対するアンチテーゼの台頭と、それを巡る世代間の関係の変化だ。

今回も最大の争点が辺野古基地建設の是非をめぐる問題であることは間違いない。たとえ一方の候補が辺野古反対を鮮明にしているのに、他方が立場を明らかにしていないにしても、後者を選ぶことが辺野古の問題にどのような結果をもたらすかを知らないほど、沖縄の有権者はナイーブではない。その意味で、争点は明確だ。

歴代の沖縄県知事選挙では、基地問題を巡って、保守勢力と革新勢力とが、熾烈な争いを展開してきた。その伝統的な保革対立構造は、前回の選挙の際、保守の翁長氏がアイデンティティ論で、革新勢力とともに「オール沖縄」をまとめあげたことにより、いったん崩れたが、今回は保守が巻き返し、元の構図に戻りつつある。

では、どうして保守が巻き返してきたのか。そこには、世代交代という要因が大きく関わっている。

保守の世代交代

かつて沖縄の保守を代表する政治家、西銘順治元沖縄県知事は、ウチナーンチュの心とは「ヤマトンチュになりたくて、なり切れない心」と喝破した。こうした葛藤は、戦後の米軍統治を経験し、本土復帰後もいわれのない差別や偏見を受けてきた世代のウチナーンチュにとっては、保守革新の別なく、等しく共有されてきた。翁長前知事が唱えていたアイデンティティ論に共鳴する人が多かった背景には、こうした歴史的体験があったのだ。

ところが、最近の保守、特に若い世代の保守層には、こうしたアイデンティティ論は影が薄い。却って違和感を覚えるという人もいる。ことさらに沖縄のアイデンティティを主張することは、本土(日本)との関係において、徒に対立を煽るものと映るのだ。「対立から対話へ」と訴える佐喜眞淳候補は、そうした考え方の代表格だ。

復帰後に生まれ育った世代にとっては、自分たちの上の世代が味わってきた屈辱感や被差別意識は、過去のものにすぎない。むしろ、近年の沖縄ブームや、沖縄出身者の各界での活躍などから、ウチナーンチュとしての自信と誇りこそ感じるものの、一切のコンプレックスとは無縁であるといってよい。

MAGAZINE

特集:英国の悪夢

2019-4・ 2号(3/26発売)

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

人気ランキング

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

  • 3

    ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れた?

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 10

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月