最新記事

災害

インドネシア・スラウェシ島の地震・津波で死者384人、行方不明29人、負傷者540人 被害はさらに拡大の懸念

2018年9月29日(土)18時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

地震のあったインドネシア・スラウェシ島には3mの津波が押し寄せた。 (c) KOMPASTV/YouTube

<バリ島、ロンボク島などで火山活動や地震が相次ぐインドネシアでまた大地震が発生した──>

インドネシア・スラウェシ島中スラウェシ州で9月28日午後6時2分ごろ(日本時間同日午後7時2分ごろ)マグニチュード7.4の大きな地震が発生、地震に伴う津波も沿岸部に押し寄せた。
 
インドネシア国家災害庁(BNPB)は9月29日午後3時までに判明した数字として死者384人、行方不明者29人、負傷者540人であることを明らかにした。
 
津波被害のあった中スラウェシ州の州都パルやドンガラ県ドンガラ市の海岸沿いには犠牲者の遺体が散乱している、として今後犠牲者はさらに増える可能性があるとした。
 
29日の夜明けとともに現地の被害状況が次々と明らかになり、ドローンで上空からの被害状況を伝えた民放「メトロテレビ」の映像によると、家屋の大半が倒壊あるいは津波で流された海岸沿いなどで道路や橋も大きな被害を受けており、被災地に陸路で到達することが困難な状況がみてとれた。

倒壊した家屋や流された建物周辺には白い布や青いビニールをかぶせた犠牲者とみられる遺体が数多く、収容されずに放置されてた。

インドネシア政府は29日早朝から国軍、国家警察、国家捜索救助庁などの部隊を現地に派遣しているが、被災地のパル空港の滑走路が地震で被害を受けているため、南スラウェシ州のマカッサル空港あるいは北スラウェシ州のゴロンタロ空港まで進出し、そこから陸路あるいはパル空港で唯一離発着が可能なヘリコプターに乗り換えて現地入りを目指しているという。

地震はカリマンタン島でも観測

インドネシアの気象気候地球物理学庁(BMKG=日本の気象庁に相当)によると、地震の震源地は中スラウェシ州のドンガラ市の北東約27kmで震源の深さは約11Kmと推定されている。地震は南スラウェシ州の州都マカッサルやマカッサル海峡を隔てた西のカリマンタン島の東カリマンタン州サマリンダでも観測され、建物などから慌てて逃げだす市民の様子が伝えられた。

地震発生直後にBMKGは津波警報を発令したとしているが、1時間以内にこの警報は解除されている。実際に津波が来た時刻と津波警報が解除された時間の関連は現段階では明らかになっていない。また地震発生を伝える一部報道では「津波の心配はない」とのBMKGの情報を伝えるなど錯綜している。
 
地震発生直後から被害の大きかった州都パルや海岸沿いのドンガラ市では市民が地震発生直後から携帯電話などで撮影した建物から避難する人々や道路に座りこむ通行人などの様子、さらに津波が押し寄せる様子が次々とインターネットのツイッターやフェイスブックにアップされた。
 
29日午後11時前から始まったBNPBの記者会見ではこれまでに入った死傷者の数字が新たに発表されたが、担当者は「あくまでこれは地震による死傷者で津波の被害者は含まれていない。海岸沿いに遺体が多数あるとの報告を受けている」と悲壮な表情で明らかにした。

今後救援部隊が現地入りして、アクセスが困難な海岸地域で活動を開始すれば死傷者の概要が判明すると思われるが、時間を要するとともに相当数の犠牲者が予想されている。


津波が押し寄せるようすを伝える現地メディア KOMPASTV / YouTube

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月