最新記事

ハリケーン

【高潮予測動画】大型ハリケーン襲来、囚人15万人は刑務所に置き去り

Prisoners in Path of Florence Face Dangerous Conditions

2018年9月14日(金)14時20分
ダニエル・モリッツラブソン

ハリケーン・フローレンスによる高潮被害を予測する「ウェザー・チャンネル」のキャスター The Weather Channel/YOUTUBE

<囚人は勝手に死ね? 州は、ハリケーンの進路上にある危険な刑務所に15万人の服役囚を残していくことを決めた>

大型ハリケーン「フローレンス」は現地時間14日にも米南東部の沿岸に上陸する見通しで、沿岸住民100万人以上に避難命令が出ており、数日前から避難を始めている。

しかし、ノースカロライナ、サウスカロライナ、バージニアの各州の刑務所に収監されている15万人の服役囚は、自分の意思で避難できる状態ではない。そして当局も囚人を避難させないと決めた。刑務所はフローレンスの進路のど真ん中にあるだけに、洪水や孤立、物資の不足といった危険に直面する可能性もある。

サウスカロライナ州では、ヘンリー・マクマスター州知事が今週11日に「州の住民の生命を危険にさらすようなことはしない。ただの1人も」という声明を出したのに、囚人を避難させないのはどういうことかと、注目されている。

州当局は今週初め、避難命令区域にあるマクドゥーガル刑務所の刑務官と服役囚650人はそのまま刑務所に残ると発表した。

「過去の例では、ほかの場所に移動するより刑務所内に残っている方が安全だった」と、州広報官のデクスター・リーはウェブメディアの「バイス・ニュース」に話している。

避難区域外で囚人を移送する自治体も

ハリケーンが直撃する見通しのバージニア州沿岸部の刑務所も、囚人を避難させていない。地元紙の取材に対して州政府保安官局は、避難地域にある3つの刑務所が囚人を避難させない方針だと語った。

一方では、市内の刑務所のために2週間分の食料と医薬品の提供を要請したり、避難地域からは外れているが、万一洪水が発生したときのため沿岸部にある刑務所の囚人約1000人を内陸部に移した自治体もある。

だが、それは全体から見れば少数派だ。ノースカロライナ州当局はニューヨーク・タイムズ紙の取材に対して、州内55の刑務所のうち避難させるのは10カ所以下だと話している。州政府担当者のジェリー・ヒギンズは本誌の取材に対し、現在避難中の刑務所は1カ所だけで、他は知らないと回答した。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 3

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文化破壊

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    インドネシア大統領選、敗北認めぬ候補支持者が大規模…

  • 8

    ボストン・ダイナミクスの四足歩行ロボット、10台で…

  • 9

    米朝対話で狭まる北朝鮮の選択肢

  • 10

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月