最新記事

ヘルス

プラスチック製ストローの廃止でスタバの客が支払う代償

Starbucks’ Plastic Straw Ban

2018年8月1日(水)17時45分
レイチェル・ハンプトン

プラスチック製ストローは全廃され、直接飲める新しいふたに置き換わる Mark Makela-REUTERS

<容器から直接飲むと酸と糖分が歯に当たり知覚過敏や虫歯のリスクが高まる恐れが>

ちりも積もれば山となる。その格好の例がプラスチック製のストローだ。

最近の推定によれば、世界中の海岸に行き着いたプラスチック製ストローは約83億本。この状況を改善しようと、米ワシントン州シアトルでは7月1日、飲食店などでのプラスチック製のストローやフォークなどの使用を禁止する条例が施行された。

こうした動きに素早く反応したのが、シア卜ルに本社を構えるスタバことスターバックスだ。同社は7月9日、世界中にある2万8000の全店舗でプラスチック製ストローを20年までに全廃すると発表した。代わりにストローなしで飲める新タイプのふたを段階的に導入するという(北米では一部導入済み)。

スタバによると、この新しいふたは「親指大のティアドロップ型飲み口」が特徴で、ストローと違ってリサイクル可能。今後1年半以内に、フラペチーノを除く全てのコールドドリンク容器でこのふたが標準になる。

スタバの推定では、これで年間10億本以上のストローを減らせるらしい。プラスチック製ストロー追放の波は他の企業にも広まっていて、マクドナルドはイギリスとアイルランドの店舗で段階的に廃止すると発表した。

スタバの発表に環境保護派は大喜びだろうが、毎日飲むコーヒーから白い歯を守る唯一の道具が消滅するとして恐れおののく人もいる。

ハーバード大学歯科大学院のニサーグ・A・パテルによると、その恐怖に根拠がないわけではない。「ストローを使って飲むのと容器から直接飲むのとを比べたら、(後者のほうが)多くの酸と糖に歯がさらされるはずなので、ダメージを受けるリスクが大きい」

このダメージは美的なものだけではない。酸と糖質が多い食べ物や飲料(つまりスタバのメニューのほとんど全て)は、歯を駄目にする細菌が繁殖しやすい環境をつくり出し、歯のエナメル質を溶かして知覚過敏を引き起こすことがある。

気になる人はうがいを

パテルによると、興味深い研究論文が98年の英国歯科ジャーナルに掲載されている。研究者は歯の表面に当たる飲料の分量を調べるためにビデオカメラで撮影を行い、飲料を容器から飲む場合とストローを使って飲む場合とを比較した。その結果、ストローのほうが飲料に接触する歯の表面積を効果的に減らせることが分かったという。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月