最新記事

宇宙

スペースXが開発中の有人宇宙船を公開 今年末にも宇宙飛行士を打ち上げへ

2018年6月7日(木)18時30分
鳥嶋真也

クルー・ドラゴンの想像図 (C) SpaceX

宇宙企業スペースXを率いるイーロン・マスク氏は2018年5月21日、開発中の有人宇宙船「クルー・ドラゴン」の写真をInstagramで公開した。

クルー・ドラゴンは同社にとって初、また民間企業が自力で開発したものとしても初となる宇宙船で、国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を運ぶほか、宇宙旅行への活用も目指している。

クルー・ドラゴン

かつて宇宙飛行といえば、米国航空宇宙局(NASA)など、国の機関が主導する大事業だった。しかしNASAは2005年、「民間にできるできることは民間に任せる」という方針のもと、ISSへの補給物資の輸送を、民間企業にアウトソーシングする計画を立ち上げた。

この計画には米国内からさまざまな企業が名乗りを上げ、審査を経て、最終的に選ばれた2社のうちのひとつがスペースXだった。そして同社は、NASAからの資金提供や技術協力をもとに、大型ロケット「ファルコン9」と補給船「ドラゴン」を開発。試験飛行を経て、2012年から現在まで、ISSへの物資補給を定期的に続けている。

そしてNASAはその次の段階として、宇宙飛行士の輸送をも民間に委ねる計画も立ち上げた。審査の結果、大手航空宇宙メーカーのボーイングとともに、ふたたびスペースXも選ばれた。

スペースXが開発している「クルー・ドラゴン」宇宙船は、ドラゴン補給船をもとに、宇宙飛行士が乗れるように改良したもので、コクピットにタッチスクリーンが採用されるなど、先進的な技術がふんだんに取り入れられている。

最大7人の乗員を乗せ、地球とISSとの往復を行うことができる。また月や火星へ飛行できるだけの性能ももつ。

space001.jpg

イーロン・マスク氏が公開した、開発中の有人宇宙船「クルー・ドラゴン」の写真 (C) Elon Musk/SpaceX

space002.jpg

クルー・ドラゴンの船内。スイッチばかりだった従来の宇宙船とは異なり、タッチスクリーンを多用したシンプルかつスタイリッシュなデザインとなっている (C) SpaceX

ニュース速報

ワールド

人と人の接触を大幅に減らす有効策を検討=菅官房長官

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る日本政府の対応

ビジネス

サムスン電子、第1四半期は3%営業増益の見通し 半

ビジネス

日経平均は一進一退、1万9000円を意識 米株先物

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 4

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 5

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    安倍首相、7日に緊急事態宣言・8日発効で調整 首都圏…

  • 8

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 9

    新型コロナウイルス感染爆発で顕在化 「習近平vs.中…

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月