最新記事

米人道問題

トランプの移民強硬策で、日系人収容所の悪夢がいま甦る

2018年6月28日(木)11時30分
ジョージ・タケイ(日系アメリカ人俳優)

ハート・マウンテン収容所(ワイオミング州)の日系人 Bettmann/GETTY IMAGES

<第2次大戦中に経験した日系アメリカ人収容所――不法移民問題におけるあのような施設の再来に断固抵抗する>

想像してほしい。子供を含む何万人もの人々が政府によって「国家への脅威」というレッテルを貼られ、「犯罪者に違いない」という推定に基づき市民権と人権を剝奪されるさまを。彼らが、人間らしさではなくコスト重視で造られた簡易な収容所をたらい回しにされる姿を――。

これは今のアメリカの話だ。米南部では亡命希望者やビザのない移民が国境を越えて来ようとしている。そして、1941年12月の日本軍による真珠湾攻撃後のアメリカの話でもある。当時、私たち日系人はたまたま彼らと外見が同じだったため、一夜にして「敵」となり、収容所に入れられた。

だがあの頃よりも、今のほうが状況は悲惨だ。少なくとも日系人収容所では、私もほかの子供たちも親から引き離されることはなかった。泣き叫ぶなか、母親の腕の中から剝ぎ取られることはなかった。自分たちよりも小さな子供のおむつを替えさせられるようなこともなかった。

ローラ・ブッシュ元米大統領夫人がワシントン・ポスト紙への寄稿で書いたように、網の張られた檻や収容所にいる子供の映像は、戦時中の体験を思い起こさせる。ブッシュは「これらの光景は、今やアメリカ史上最も恥ずべき行為の1つと考えられている、第二次大戦中の日系アメリカ人収容所に不気味なほど似ている」と書く。

「こうした扱いはトラウマを生む。収容所にいた日系人は収容経験のない人に比べ、心臓血管系の病気を患ったり早死にしたりする確率が2倍高い」とも指摘した。

社会的弱者や世間の非難にさらされている人々に対して政府が気まぐれな行動を取るとき、その恐怖や不安は言葉にし難い。状況を変えようとしても、訴える相手がいないのだ。

助けられる権力を持つ者は、自分たちに銃を向けている。人権を奪われ、起訴や裁判もなく拘束される。世界がひっくり返り、情報も入らず、世間はそうした自分たちの窮状に無関心、もしくは敵対的だ。

人間性のない政権トップ

それでも私はおぞましい皮肉を込めて、「少なくとも日系人収容所では......」と前置きすることができる。

少なくとも日系人収容所では、5歳の私が両親から引き離されることはなかった。私たち家族は競馬場に送られ馬小屋で数週間暮らしたが、少なくとも家族は一緒にいられた。両親は私に「馬たちと暮らす休暇に出掛けるよ」と言った。収容所に着いてからも両親が恐怖と私との間に立ってくれたおかげで、自分たちを取り巻く恐ろしい現実を本当の意味で理解せずに済んだ。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月