最新記事

火星探査

火星で地震は起きているのか? 新型火星探査機が解く二つの大きなナゾ

2018年5月10日(木)18時30分
鳥嶋真也

火星探査機「インサイト」の想像図 (C) NASA/JPL-CALTECH

<NASAは新型の火星探査機「インサイト」の打ち上げに成功した。初めて、火星の内部に重点を置いた探査を行う。>

私たちの身体の健康を守るために受ける健康診断。人生100年時代とも呼ばれる現代、安心して長生きするためにも必要な検査である。

一方、地球のお隣にある赤い惑星・火星も、約45億歳にして初めてとなる精密検査を受けることになった。

2018年5月5日、米国航空宇宙局(NASA)は新型の火星探査機「インサイト」(InSight)の打ち上げに成功した。これまで人類は数多くの火星探査機を送り出してきたが、インサイトは初めて、火星の内部に重点を置いた探査を行う。火星の内部を精密検査することで、いったいなにがわかるのだろうか。

インサイトが見るのは火星の"バイタルサイン"

NASAはインサイトによる探査を、「火星を精密検査し、バイタルサインを見る」とたとえる。バイタルサイン、つまり人間でいう脈拍や体温などのことである。

インサイトには、地震などの振動を捉えられる地震計と、火星の内部の温度を測れる温度計などの観測機器が搭載されている。つまり地震計で火星の脈拍を、温度計で火星の体温を調べるのである。

こうした火星のバイタルサインを調べることで、大きく2つの、大きな謎が解けると期待されている。

ひとつは、火星における地震活動の解明である。地球で起こる地震は、地殻の内部の岩石が動いて起こるが、火星でも同じことが起こっているかどうかは、まだはっきりとわかっていない。しかしインサイトによる探査で、その謎に終止符が打つことができると期待されている。

また、地球のような地震はなくても、隕石などが落下することで起こる地震があるかもしれない。インサイトの地震計は、発生場所や大きさなども調べられるため、火星にどれくらいの頻度で隕石が落下し、どんな衝撃を与えているのかというデータも取れる。それは将来の有人火星活動を安全に進める上で役立つ。

ニュース速報

ワールド

イタリアで高速道路橋が崩落、少なくとも35人死亡

ワールド

トルコ、米電化製品を「ボイコット」 大統領がドル売

ワールド

英国会議事堂前で車が突っ込み2人負傷、男1人を逮捕

ビジネス

中国、固定資産投資が過去最低の伸び 一連の指標で景

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月