最新記事

北朝鮮

ほくそ笑む金正恩、韓国が南北首脳会談前に「腰くだけ」

2018年4月10日(火)11時10分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

北朝鮮の金正恩は南北、米朝の首脳会談で人権問題が取り上げられることを恐れているが KCNA-REUTERS

<南北首脳会談を前に、人権問題を取り上げないと表明した韓国の文在寅大統領。人権問題を追及されることにナーバスになっていた金正恩はほくそ笑んでいるだろう>

今月27日に北朝鮮の金正恩党委員長と韓国の文在寅大統領との首脳会談が予定される中、北朝鮮の人権問題を巡り、韓国側が「腰くだけ」ぶりを見せている。

人体を「ミンチ」に

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は4日の記者会見で、深刻な状況にある北朝鮮の人権侵害問題には一貫して「強い態度」で臨むと述べたが、今月末に予定されている南北首脳会談で文大統領は北朝鮮の人権問題を取り上げる可能性は低いと述べたのだ。

北朝鮮の核問題を解決することが、国際社会と周辺国の緊急の課題であるということに、異論を差しはさむ余地はない。一方、金正恩氏の核開発と切っても切り離せないのが北朝鮮国内の人権問題だ。

金日成主席の時代から続く北朝鮮の国家的な人権侵害は、世界的に非難の的となっている。たかだが、韓流ビデオのファイルを保有していたという容疑だけで、女子大生を拷問し、悲劇的な結末に追いやる人権侵害に、国際社会は厳しい目を向けている。

参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

祖父や父と同様、金正恩氏もまた、残忍な恐怖政治を主導してきた。2013年には、叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏を「犬にも劣る醜悪な人間のゴミ」と罵りながら処刑した。2015年の春には玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長(国防相)を人体が「ミンチ」になってしまう「高射銃」で処刑した。2017年には異母兄である金正男氏をマレーシアで猛毒の神経剤VXで暗殺した。

このような行いにより、今や国際社会から「人道に対する罪」を問われつつある金正恩氏が、「フツーの国家指導者」として欧米や日本から認められる余地はもはやない。本人もそのことはよくわかっているはずだ。この絶望感が核・ミサイル開発に突っ走った一つのきっかけだと筆者は見る。

そして、核問題と違って人権問題は取り引きできない。北朝鮮が本当に核兵器を放棄すれば、たとえば韓国や中国は何らかの対価を差し出すかもしれない。核放棄を条件に、米国がある種の取り引きに乗る可能性もある。しかし、すでに行ってしまった人権侵害、犯してしまった虐殺の事実は消すことができない。金正恩氏は、いつまでも「人道に対する罪」を問われ続ける可能性が高いのだ。

北朝鮮が、南北首脳会談や米朝会談を前に人権問題を追及されることにナーバスになっているのは、この間の報道からもわかる。

トランプ米大統領は、金正恩氏による米朝会談の要請を受け入れる前、脱北者らをホワイトハウスに招き北朝鮮の人権状況を聞き取った。また、同氏はその場で、中朝国境での北朝鮮女性の人身売買を自分が「やめさせる」とまで言った。

参考記事:中国で「アダルトビデオチャット」を強いられる脱北女性たち

トランプ氏が米朝会談の意向を示して以後、北朝鮮メディアは連日のように「人権問題」に関する論評を掲載している。これは、トランプ氏に対して「会談で人権問題を取り上げるな」というメッセージだろう。

仮に米朝首脳会談が開かれたとしても、トランプ氏が北朝鮮の人権問題に言及するかどうかは不明だ。そもそもトランプ氏にどれほどの人権感覚があるのかどうかも疑わしい。

だからこそ、文在寅大統領は金正恩氏の人権侵害に対してなんらかのメッセージを送るべきだが、伝わってくるのは韓国側の腰くだけぶりだ。

人権問題を取り上げないと表明した文氏の姿勢に対して、金正恩氏はほくそ笑んでいるだろう。

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 6

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 7

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 8

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月