最新記事

中国の米国産大豆への追加関税 国内の消費者物価を押し上げ?

2018年4月6日(金)15時43分

4月4日、中国政府は米国が対中制裁の品目案を公表したことへの報復措置として、大豆や自動車など106品目の米製品に25%の追加関税を課すと発表した。写真は武漢のスーパーで売られる大豆。2014年4月撮影(2018年 ロイター)

中国政府は4日、米国が対中制裁の品目案を公表したことへの報復措置として、大豆や自動車など106品目の米製品に25%の追加関税を課すと発表した。しかし大豆は米国に代わる輸出国を見つけたり、他の農産物置き換えることが難しく、中国は国内企業にも痛みを強いることになりそうだ。

大豆は中国の対米報復制裁で最大の「武器」とみられている。対中輸出が落ち込めばアイオワ州など、トランプ米大統領を支持する農業生産の盛んな州を直撃するためだ。米国の昨年の中国向け大豆輸出は120億ドル相当で、対中農産物輸出では最大の品目。
中国は世界で取引される大豆の約60%を輸入し、主に家畜飼料用の大豆ミールに加工している。

キャピタル・エコノミクスのアジア首席エコノミストのマーク・ウィリアムズ氏は「米国を除くと、世界には中国の需要を満たすのに十分な大豆はない」と指摘。「中国が輸入への依存度を引き下げる場合、いくつか選択肢はあるが、国内でコスト増を回避しながら米国の農家に打撃を与える特効薬などない」と話す。

中国の昨年の大豆輸入は半分をブラジル産が占めたが、米国産も約3300万トンと約3分の1に達した。これだけの量を他の国からの輸入で穴埋めするのは容易ではない。

米農務省によると、世界第3位の大豆生産国であるアルゼンチンは干ばつに見舞われ、1017─18年度の輸出は700万トン弱と、過去10年で最も少ない。

ブラジル、米国、アルゼンチン以外の国からの輸入は約1700万トンで、生産国は限られる。

中国国内の大豆生産量は約1400万トンだが、主に食品向けだ。

専門家によると、中国には大豆の戦略備蓄を放出したり、家畜用飼料における大豆ミールの配合比率を変えるなど、国内で打つことができる対応策もある。

米国大豆輸出協会のアジア部長のポール・バーク氏は「中国が国家備蓄を放出するだろうとの見方がある。こうした政策に踏み切る可能性はあるが、中国の備蓄量は分からない」と述べた。

ニュース速報

ビジネス

貿易摩擦、激化すれば金融市場に悪影響へ=モスコビシ

ビジネス

正午のドルは112円後半、113円台に乗せるエネル

ビジネス

国内ライドシェア禁止に「信じられない=ソフトバンク

ワールド

EU当局者、来週の訪米で自動車関税巡り合意模索=ト

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 6

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 7

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 8

    「おカネの若者離れ」で、どんどん狭くなる趣味の世界

  • 9

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 10

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 4

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 5

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 6

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 7

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 8

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月