最新記事

中国の米国産大豆への追加関税 国内の消費者物価を押し上げ?

2018年4月6日(金)15時43分

4月4日、中国政府は米国が対中制裁の品目案を公表したことへの報復措置として、大豆や自動車など106品目の米製品に25%の追加関税を課すと発表した。写真は武漢のスーパーで売られる大豆。2014年4月撮影(2018年 ロイター)

中国政府は4日、米国が対中制裁の品目案を公表したことへの報復措置として、大豆や自動車など106品目の米製品に25%の追加関税を課すと発表した。しかし大豆は米国に代わる輸出国を見つけたり、他の農産物置き換えることが難しく、中国は国内企業にも痛みを強いることになりそうだ。

大豆は中国の対米報復制裁で最大の「武器」とみられている。対中輸出が落ち込めばアイオワ州など、トランプ米大統領を支持する農業生産の盛んな州を直撃するためだ。米国の昨年の中国向け大豆輸出は120億ドル相当で、対中農産物輸出では最大の品目。
中国は世界で取引される大豆の約60%を輸入し、主に家畜飼料用の大豆ミールに加工している。

キャピタル・エコノミクスのアジア首席エコノミストのマーク・ウィリアムズ氏は「米国を除くと、世界には中国の需要を満たすのに十分な大豆はない」と指摘。「中国が輸入への依存度を引き下げる場合、いくつか選択肢はあるが、国内でコスト増を回避しながら米国の農家に打撃を与える特効薬などない」と話す。

中国の昨年の大豆輸入は半分をブラジル産が占めたが、米国産も約3300万トンと約3分の1に達した。これだけの量を他の国からの輸入で穴埋めするのは容易ではない。

米農務省によると、世界第3位の大豆生産国であるアルゼンチンは干ばつに見舞われ、1017─18年度の輸出は700万トン弱と、過去10年で最も少ない。

ブラジル、米国、アルゼンチン以外の国からの輸入は約1700万トンで、生産国は限られる。

中国国内の大豆生産量は約1400万トンだが、主に食品向けだ。

専門家によると、中国には大豆の戦略備蓄を放出したり、家畜用飼料における大豆ミールの配合比率を変えるなど、国内で打つことができる対応策もある。

米国大豆輸出協会のアジア部長のポール・バーク氏は「中国が国家備蓄を放出するだろうとの見方がある。こうした政策に踏み切る可能性はあるが、中国の備蓄量は分からない」と述べた。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月