最新記事

ロシア

プーチンの差し金?亡命ロシア人の不審死が止まらない

2018年3月14日(水)18時45分
デービッド・ブレナン

3月18日の大統領選挙に向けたプーチン陣営の広告(ロシア南部スタヴロポリ、3月5日) Eduard Korniyenko-REUTERS

<プーチンに批判的だった亡命ロシア人がまたイギリスで死亡した。黒幕は大統領選を控えたプーチンなのか>

プーチン大統領を批判するロシア人亡命者ニコライ・グルシュコフ(68)が、ロンドンの自宅で不審死を遂げた。英ロのメディアが3月13日に報じた。

グルシュコフは、オリガルヒ(新興財閥)の大富豪ボリス・ベレゾフスキーの親しい友人だった。ガーディアン紙によれば、死因は明らかになっていない。

ロシアとイギリスの二重スパイだったセルゲイ・スクリパリとその娘が、薬物で意識不明になった3月4日の事件をきっかけに、ロシアと西側諸国の間では緊張が高まっている。

スクリパリ父娘は現在も重体だが、その原因が旧ソ連軍が開発した神経剤「ノビチョク」であったことが判明。この事件の背後にロシアがいる可能性は非常に高いとテリーザ・メイ英首相は語った。

グルシュコフは1990年代にロシアの国営航空会社アエロフロートとベレゾフスキー所有の自動車会社ロゴワズの幹部を勤めていた。1999年にプーチン大統領と不仲になり、マネーロンダリングと詐欺の罪で5年間投獄された。

2004年に釈放された グルシュコフは、イギリスに逃げた。だが2006年に再び詐欺罪で執行猶予2年の判決が下った。彼は政治的亡命者として保護され、イギリスに留まった。

だが亡命後も、ロシア政府は グルシュコフを追い続けた。17年にはロシアの裁判所が1990年代にアエロフロートから1億2200万ドルを横領した罪で有罪判決を下し、懲役8年と100万ルーブル(1万7590ドル)の罰金刑を宣告した。

ベレゾフスキー自殺説に反発

ベレゾフスキーは2011年にプーチンと親しいオリガルヒのロマン・アブラモビッチを訴え、 グルシュコフは裁判所に証拠を提示した。裁判官はこの訴えを退け、ベレゾフスキーを「意図的に不誠実」と非難した。ベレゾフスキーは公的生活を退き、 グルシュコフはこの決定に対して正式に不服を申し立てた。

イギリス亡命中、ベレゾフスキーは定期的にプーチンを批判し、2005年にBBCの取材でこう語った。「プーチンが2008年の選挙で生き延びるチャンスはないと確信している。私はプーチン政権の継続を阻止するために、全力を尽くしている。そしてプーチン退陣後、ロシアに帰ることを考えている」

ベレゾフスキーは2013年、イギリスの元妻の家で首を吊って死亡した。争った形跡はみられず、警察は自殺したと考えた。だが検死官は死因不明と記録した。ベレゾフスキーの友人やロシア人亡命者は自殺説には懐疑的だった。

グルシュコフはベレゾフスキー死亡直後、ガーディアン紙に対して、「ボリスは殺されたと確信している。私はマスコミの報道とはかなり違う情報を知っている」と語った。

「ボリスは窒息死した。自分でやったか、誰かがやったか。でも自殺だったとは思わない」と、彼は説明した。また2006年に放射性物質ポロニウムで暗殺されたアレクサンドル・リトビネンコの事件にも言及した。「ロシア人亡命者の死が多すぎる」と、当時グルシュコフは語っていた。

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月