最新記事

平昌五輪

北朝鮮、平昌五輪を機に平和攻勢で狙う「外交の金メダル」

2018年2月14日(水)19時25分

2月12日、北朝鮮は、韓国・平昌で開幕した冬季五輪で最も重要なメダルの1つを獲得する有力候補として浮上している。それは、外交の金メダルだ。写真は、アイスホッケー女子の南北合同チームの試合を応援する北朝鮮の応援団。江陵で10日撮影。(2018年 ロイター/Brian Snyder)

北朝鮮は、韓国・平昌で開幕した冬季五輪で最も重要なメダルの1つを獲得する有力候補として浮上している。

それは、外交の金メダルだ。

そう評価する韓国の元政府高官や政治専門家らは、北朝鮮が、米国の同盟国である日本と韓国の間に亀裂を生じさせ、制裁で身動きが取れなくなっている自国への圧力緩和に、五輪を利用していると指摘する。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、北朝鮮の五輪参加を表明して世界を驚かせてからわずか1カ月程度しか経ていないが、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米国との合同軍事演習を延期し、五輪で正恩氏の実妹である金与正(キム・ヨジョン)氏を歓待。また、訪朝して首脳会談を行うことに条件付きで同意している。

「北朝鮮が金メダルを獲得しつつあることは明らかだ」と語るのは、2012─13年に韓国外務省で次官を務めた金聖翰(キム・ソンハン)高麗大国際大学院長だ。

「北朝鮮の代表団や選手団は注目を一身に集め、金正恩氏の妹は韓国国民や世界に向けてエレガントなほほ笑みを見せた。ほんの一瞬でも普通の国家であるかのように振る舞った」

9日の五輪開会式で北朝鮮の代表団と同席したペンス米副大統領は、北朝鮮が核プログラムを放棄しない限り、同国を孤立させる必要性において、米国と韓国、日本の間に夜明けは来ないと語った。

北朝鮮が五輪後にどのような態度に出るかが問題だ、とある米高官は言う。同国はこれまで、ミサイル・核プログラムを放棄する交渉に応じる姿勢を示してはいない。

開会式では、南北合同チームとして一緒に入場行進した両国の選手たちに、文大統領と与正氏が立ち上がって拍手を送る一方で、ペンス米副大統領は着席したままだった。

歴代の米共和党政権に仕えた国際問題専門家ダグラス・パール氏は、「五輪の雰囲気に飲み込まれないようにするのは困難」なため、北朝鮮は宣伝できる有利な状況を利用したとの見方を示した。

だが、国内の保守派や同盟諸国が北朝鮮の核の脅威に黙っているわけがなく、文大統領が融和ムードを維持するのは困難だろう、と同氏は語った。

ニュース速報

ビジネス

米ゼロックス、第3四半期利益が予想上回る 株価上昇

ビジネス

マクドナルド、第3四半期は海外好調で米の鈍化補う 

ビジネス

欧州委、イタリア予算案を拒否 3週間以内の再提出求

ワールド

シリアで拘束とみられる安田さん解放か、政府が確認中

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍光ペンでマーク...意味ある?

  • 2

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 3

    9割の食塩にプラスチック片、成人1人当たり年間2000個が体内に

  • 4

    背景には「中国製造2025」──習近平による人民の対日…

  • 5

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 9

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 10

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 6

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 10

    ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 5

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 6

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月