最新記事

アメリカ大統領

中国はトランプ大統領就任1周年を、どう見ているか?

2018年1月22日(月)08時00分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

トランプ米新大統領就任式 議事堂前で宣誓式(2017年1月20日) Jim Bourg-REUTERS

1月20日でトランプ氏の大統領就任から1年となる。CCTVは特別番組を組み1年を振り返った。特に同日、米政府機関が一部閉鎖に陥ったことと、米指導者への支持率が過去最低になり中国を下回ったことに焦点が。

CCTVが特集番組

中国共産党の報道機関の一つである中央テレビ局CCTVは、ドナルド・トランプ氏が大統領に就任してから1周年となることに関して特集番組を組んだ。以下はまだ米政府機関の一部が閉鎖になる前の時点における報道だが、中国はいったい、トランプ政権の何に焦点を当てているのか、そのポイントをご紹介したい。

1.TPP(Trans-Pacific Partnership、 環太平洋戦略的経済連携協定)から離脱した。

2.パリ協定(気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定)から離脱した。

3.ユネスコ(国連・教育科学文化機関)から脱退した。

4.NAFTA(North American Free Trade Agreement、北米自由貿易協定)に関する再交渉。

5.以上4項目(1~4)から、アメリカがいかに保護主義の方向に向かっているかが分かる。また、国際社会におけるアメリカのプレゼンスを著しく低下させた。

6.2017年8月、ロシアへの経済制裁追加を決定し、ロシアの反発を招いた。

7.エルサレムをイスラエルの首都と宣言した。

8.イラン核協定の離脱を図ろうとした。

9.以上の2項目(7&8)は、国際社会からの反発を受け、アメリカの信用を失墜させた。

10.内政においても「分断化」を助長させた。自身が所属する共和党においても、党員の80%しかトランプを支持していないし、民主党に至っては8%しか支持していない。

11.メキシコとの国境に壁を築こうとし、アメリカへの渡航に関しても特定の国や民族に対して渡航禁止令を出すなど制限を加えようとした。そのため国内において世論分断を助長している。

12.軍事、安全保障面においても世界を不安定化させており、2018年度の国防予算として7000億ドルを可決させた。

13.サイバー司令部を新設し、10個目の合同作戦司令部に格上げした。サイバー空間を5つ目の新たな戦場にした。

14.経済に関しては税制改革を実行したり、エネルギー開発に関する規制を撤廃するなどして株価上昇を招き急成長を遂げているように見えるが、しかしアメリカの経済学者は「トランプ政権の一連の経済政策はアメリカの中長期的経済成長の見通しを損なう恐れがある」と見ている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月