最新記事

人種問題

トランプ、移民受け入れ問題で「アフリカは不潔極まる国々」と発言

2018年1月12日(金)11時24分

1月11日、トランプ米大統領が議員らとの会合で、ハイチやアフリカの諸国から移民を受け入れる必要性に疑問を呈し、下品な言葉を使って一部の諸国を「不潔極まる」と呼んだことが、事情に詳しい関係筋2人の話で明らかになった。写真は同大統領。メリーランド州キャンプデービッドで6日撮影(2018年 ロイター/Yuri Gripas)

トランプ米大統領が11日に議員らとの会合で、ハイチやアフリカの諸国から移民を受け入れる必要性に疑問を呈し、下品な言葉を使って一部の諸国を「不潔極まる」と呼んだことが、事情に詳しい関係筋2人の話で明らかになった。

同筋によると、トランプ氏はこの日、上院議員の超党派グループが推進する新たな移民関連法案について民主党のディック・ダービン議員と共和党のリンゼー・グラム議員から説明を受けた。他の政府当局者らも同席したという。

議員らは会合で、自然災害や内戦で祖国を逃れ米国に避難した人々に在留資格を付与する制度を含む移民政策について説明。

会合の内容に詳しい1人の関係筋は、トランプ氏が「アフリカの人々を受け入れる必要があるだろうか。不潔極まる国々だ。ノルウェーの移民をもっと受け入れるべきだ」と述べたと明かした。

2人目の関係筋は、トランプ氏はハイチ人を受け入れる必要性についても疑問を呈したと語った。

同制度は「一時保護資格(TPS)」と呼ばれる。米政府は中米エルサルバドルなどの諸国の人々に認めているTPSを打ち切る方針を発表している。

上院超党派の案では、年間5万人を対象に抽選で米国永住権(グリーンカード)を与える制度を打ち切るか変更する代わりにTPSを維持するとしている。

ホワイトハウスのシャー報道官はトランプ氏の発言について問われ、「ワシントンの一部の政治家は外国のために闘っているが、トランプ大統領はいつでも米国民のために闘う」と強調した。

トランプ氏は個人の技能に基づく移民制度がある諸外国に倣い、米社会や経済に貢献し、社会に同化できる移民を受け入れることで国を強くする恒久的な政策を求めているとした。

[ワシントン 11日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、OPEC批判 人為的に高い原油「

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案引き上げ正式発表 1株4

ビジネス

GE、第1四半期調整後利益は予想上回る 株価6.8

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案価格引き上げの公算 1株

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 2

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 3

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知っているので最悪の事態にはならない

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    地球外生命体との「未知との遭遇」は中国のほうが先?

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月