最新記事

人種問題

トランプ、移民受け入れ問題で「アフリカは不潔極まる国々」と発言

2018年1月12日(金)11時24分

1月11日、トランプ米大統領が議員らとの会合で、ハイチやアフリカの諸国から移民を受け入れる必要性に疑問を呈し、下品な言葉を使って一部の諸国を「不潔極まる」と呼んだことが、事情に詳しい関係筋2人の話で明らかになった。写真は同大統領。メリーランド州キャンプデービッドで6日撮影(2018年 ロイター/Yuri Gripas)

トランプ米大統領が11日に議員らとの会合で、ハイチやアフリカの諸国から移民を受け入れる必要性に疑問を呈し、下品な言葉を使って一部の諸国を「不潔極まる」と呼んだことが、事情に詳しい関係筋2人の話で明らかになった。

同筋によると、トランプ氏はこの日、上院議員の超党派グループが推進する新たな移民関連法案について民主党のディック・ダービン議員と共和党のリンゼー・グラム議員から説明を受けた。他の政府当局者らも同席したという。

議員らは会合で、自然災害や内戦で祖国を逃れ米国に避難した人々に在留資格を付与する制度を含む移民政策について説明。

会合の内容に詳しい1人の関係筋は、トランプ氏が「アフリカの人々を受け入れる必要があるだろうか。不潔極まる国々だ。ノルウェーの移民をもっと受け入れるべきだ」と述べたと明かした。

2人目の関係筋は、トランプ氏はハイチ人を受け入れる必要性についても疑問を呈したと語った。

同制度は「一時保護資格(TPS)」と呼ばれる。米政府は中米エルサルバドルなどの諸国の人々に認めているTPSを打ち切る方針を発表している。

上院超党派の案では、年間5万人を対象に抽選で米国永住権(グリーンカード)を与える制度を打ち切るか変更する代わりにTPSを維持するとしている。

ホワイトハウスのシャー報道官はトランプ氏の発言について問われ、「ワシントンの一部の政治家は外国のために闘っているが、トランプ大統領はいつでも米国民のために闘う」と強調した。

トランプ氏は個人の技能に基づく移民制度がある諸外国に倣い、米社会や経済に貢献し、社会に同化できる移民を受け入れることで国を強くする恒久的な政策を求めているとした。

[ワシントン 11日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

ニュース速報

ワールド

米沿岸警備隊のアジア派遣も、北朝鮮の密輸監視を強化

ワールド

原油先物は高値維持、輸出制限継続とのサウジ高官発言

ワールド

米国、国連の対北朝鮮制裁に基づくブラックリストを提

ワールド

米国、来週にも中国の経済アドバイザーと貿易摩擦で協

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    シンガポール人が日本人より金持ちの理由 老後資産…

  • 6

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 7

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 8

    仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月