最新記事

監禁虐待事件

子供13人を監禁虐待した親の家は、排泄物が壁にこびりついていた

2018年1月29日(月)14時21分
ローレン・ギル

13人の子どもたちの父デービッド・ターピン容疑者(左)と母のルイーズ・ターピン容疑者 Riverside County Sheriff's Department/REUTERS

<事件が発覚したカリフォルニアの家でも、子供たちが鎖につながれたまま用を足していた形跡があった>

米カリフォルニア州で13人の子どもを鎖でつなぐなどして監禁し虐待していた疑いのある両親が1月14日に逮捕された事件で、一家がかつて住んでいた米テキサス州の家は「壁に排泄物がこびりつき」、どこもかしこもごみだらけだったと、後にその家を購入した女性が語った。

検察によれば、ネリー・ボールドウィンは2011年、テキサス州北部リオビスタで競売にかかっていたその家を購入した。逮捕されたデービッド・ターピン容疑者とルイーズ・ターピン容疑者は、2~29歳までの子どもを鎖や南京錠でベッドにつないで監禁し、食べ物を十分に与えず虐待した疑いが持たれている。

「壁に排泄物がこびりついていた」と、ボールドウィンは米CNNに語った。「居間にもどの部屋もひどい悪臭が充満していた」

(ターピン容疑者が前に住んでいたテキサスの家では、壁に排泄物がこびりついていた)


事件発覚時に住んでいたカリフォルニア州リバーサイドの自宅でも、捜索した結果、子どもたちが「しばしば鎖をしたまま排泄していた」形跡が見つかったと、リバーサイド郡のマイク・ヘストリン地方検事は1月25日の記者会見で語った。監禁虐待は何年にも及んだとみられている。

鼻を突く臭いが消えない

テキサス州の家は状態が劣悪過ぎたため、ボールドウィンや家族が入居後に病気になっても銀行は一切の責任を負わないという「免責約款」に署名させられたという。ボールドウィン自身は悪臭がひどい物件は多数購入した経験があったため気に留めなかった。

14万5600平方メートルの敷地にあるテキサス州の家の購入に先立って、銀行は家を清掃させた。しかしそれでも悪臭は消えず、「見渡す限りごみの山だった」とボールドウィンはCNNに語った。鼻を突く臭いに耐えられず、8~12リットルの漂白剤を床にまく日々がしばらく続いたという。

「あんな環境で人が住んでいたと考えただけで吐き気がする」と、ボールドウィンは言った。

監禁されていた14歳の娘が自宅から脱出して通報したことで事件が明るみになり、警察は両親を逮捕した。現場に駆け付けた際、警察は3人の子どもが鎖などでベッドにつながれていたのを発見した。その後の捜査で、両親は子どもたちを殴打し、首を絞めるなど暴行していたことが分かった。年に1度しかシャワーを浴びることを許さない、といった厳しいルールに従わせたほか、子どもを栄養失調状態にさせた疑いも持たれている。29歳の子どもの体重はわずか37キロだった。

両容疑者はカリフォルニア州リバーサイドの裁判所で行われた罪状認否で、37の罪状について無罪を主張した。2人はすでに裁判所から、今後3年間子どもに話しかけることを禁じられている。

(翻訳:河原里香)

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月