最新記事

新冷戦

ロシア潜水艦の活動が冷戦以来最高に 狙いは西側の海底ケーブル

Russia Undersea Activity Highest 'Since Cold War'

2017年12月27日(水)16時52分
ジャック・ムーア

デンマークのグレートベルト橋の下を航行するロシア原潜 Scanpix Denmark/Sarah Christine Noergaard/Reuters

<北大西洋と地中海でロシアの潜水艦の活動が冷戦以来最高のレベルになっている。狙いは欧米間の海底ケーブルだとNATOは警戒を強める>

NATOは12月24日、ロシアの潜水艦の活動が北大西洋と地中海で急増していると警告した。冷戦以降で最も活発化しているという。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長はドイツ紙フランクフルター・アルゲマイネの取材に対し、ロシアは2014年以降に軍艦13隻を追加配備したと語った。「ロシアは海軍力の増強に莫大な資金を投じている。特に力を入れているのが潜水艦だ」とストルテンベルグは言う。

NATO潜水艦隊司令官のアンドリュー・レノン少将も、米政治専門メディア「ザ・ヒル」に対してストルテンベルグと同じ見方を示した。「ロシアのここ3年の潜水艦活動は、冷戦時代以降で最も活発化している」

「ロシアが自国から離れた海域に毎年派遣する潜水艦の数は、過去10年間より増加した」

ロシアは長年、NATO諸国の海岸に近い北大西洋で潜水艦隊を航行させてきた。また上空でNATOの哨戒機や偵察機に急接近したり、NATO加盟国の国境のすぐそばで大規模軍事演習を強行するなど、空や陸でも緊張を高めてきた。

通信遮断も盗聴も可能

そこで最近浮上しているのは、ロシアがこうした軍事プレゼンスを利用して、欧米間のインターネットや電話を支える海底ケーブルを攻撃するのではないかという懸念だ。海底ケーブルを切断したり、盗聴して妨害工作に利用することも、ロシアには可能だ。

「海底ケーブル周辺でのロシア海軍の活動量は、かつてなく増えた」と、レノンは12月22日付けの米紙ワシントン・ポストに語った。「NATOの海底インフラに、ロシアが目を付けているのは明らかだ」

もし海底ケーブルが断たれれば、世界貿易全体の損失額は数兆ドルに上る。もし通信が傍受されれば、インターネット上のあらゆる機密情報がロシア政府に筒抜けになる。修復費用もかさむ。とくに沖合の深海での修復となれば、莫大な費用が発生する。

ロシアの深海探査用潜水艇にも、海底ケーブルに細工をする能力が十分備わっているはずだと、レノンは言う。「海洋調査だけでなく、海底での諜報活動もできる」

ワシントン・ポストによれば、NATOは冷戦後に閉鎖された北大西洋の司令部を再開し、NATO諸国が対潜水艦戦闘能力や上空からの潜水艦探知能力を増強させる計画だという。

(翻訳:河原里香)


ニュース速報

ワールド

焦点:中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打診 日本の仕事激減が再び?

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 8

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    整形で「デザイナー・ヴァギナ」を求める女性が急増

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月