最新記事

子育て

セクハラしない人間に育てる方法

Sexism Starts in Childhood

2017年12月22日(金)17時45分
メリンダ・モイヤー(サイエンスライター)

女の子っぽい遊びをする男の子への風当たりを子供は感じ取る eatcute-iStock.

<男女のステレオタイプは子供の時代に形成される――異性を尊重して平等に接する力を伸ばすために親ができることは>

セクシュアル・ハラスメントのスキャンダルが報じられるたび、私は恐怖心を募らせる。ただし、それは自分ではなく子供たちのことを考えるから。息子をどう育てれば、女性を尊重して平等に扱える男にできるだろう? どうやったら娘に自信と強い意志を育んでやれるのか?

だから私は、いつもの方法を取った。科学的事例を調べ、研究者に話を聞きまくったのだ。

子供のジェンダー観の発達において、親は期待するほどの影響力を持ち合わせていない。周囲の仲間や文化から受ける影響のほうがずっと強いからだ。それでも乳幼児の頃から両親がしっかりと手段を講じることで、性差別をしない平等主義の子供に育てることはできるという。

まず、ジェンダーやその重要性に対する理解力を、子供がどのように発達させるのかを知っておくことが大切だ。子供は周囲の人々をよく見て違いを研究することで、常に世界を観察し、推論を働かせている。「子供は世界を見ては、どちらが重要だろうといつも考えている」と、テキサス大学オースティン校のレベッカ・ビグラー教授は言う。

1歳になる頃には、ほとんどの乳児は男性と女性の顔を区別できる。だが、その性差が重要だと教え込むのは大人だ。「大人たちはいつでも『元気な男の子だね』『なんてかわいい女の子』と、ジェンダーを示す名詞を使って話す」と、ビグラーは言う。「そのせいで、子供たちは性差がとても重要なのだと受け止める」

子供がひとたびジェンダーに注意を向けると、脳内では過剰に一般化され、硬直したルールや区分けが作られる。いうなれば、大まかなステレオタイプだ。

彼らは自分が目にした例を基に、女性は料理好きで教師になり、男性はサッカー好きで消防士になるものだ、と決め付けるかもしれない。さらに歴代アメリカ大統領が全て男だと気付いたときなどに、男女の力の相違についても認識し始める。子供はそこから安易な推論を導くだろう。最高権力者がいつも男だということは、男は生まれつき女より賢くて能力があるに違いない、と。

性差は生物学的なもの?

性のステレオタイプを築き始めるにつれて、子供自身もそれに従って行動するようになる。そのほうが自分にとって都合がいいからだ。研究によれば、親(特に父親)は子供に男の子向け・女の子向け玩具を区別して与えがちだという。また親は、息子が友達やきょうだいに攻撃的な態度を取ることについて、娘の場合より概して寛大だ。教師も女の子に「女性的な」行動を推奨する傾向がある。

さらに、周囲の仲間もこの傾向を助長する。就学前の男の子の遊びを観察したある研究では、キッチンセットやドールハウスなど女の子的な玩具に興味を示している子がいると、他の男の子が割って入ってたたいたりバカにしたりする現象がみられた。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、OPEC批判 人為的に高い原油「

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案引き上げ正式発表 1株4

ビジネス

GE、第1四半期調整後利益は予想上回る 株価6.8

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案価格引き上げの公算 1株

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 2

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 3

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知っているので最悪の事態にはならない

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    地球外生命体との「未知との遭遇」は中国のほうが先?

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月