最新記事

ドキュメンタリー

アイ・ウェイウェイが映す難民の現実『ヒューマンフロー』

2017年11月8日(水)10時30分
ジョシュア・キーティング(フォーリン・ポリシー誌編集者)

「ヒューマンフロー」は世界23カ国で撮影され、さまざまな状況にある難民の姿を映し出した。監督の艾もしばしば登場する(写真左) Photo Courtesy of Amazon Studios

<祖国を追われた中国の芸術家で反体制活動家のアイ・ウェイウェイが、「人間の危機」を告発するドキュメンタリー>

「ただのドキュメンタリーを作るつもりはなかった」と、艾未未(アイ・ウェイウェイ)は言う。それはそうだろう。壮大で前衛的な作品を発表し続ける現代美術家で、著名な反体制活動家でもある艾が、ただのドキュメンタリー映画を撮るわけがない。

最新作は題して『ヒューマンフロー』(人の流れ)。イラクの難民キャンプから、イスラム系少数民族ロヒンギャの流入が続くバングラデシュの村、ギリシャの海岸、アメリカとメキシコの国境まで、世界各地23カ国に出掛けて撮った映像を幻想的につないでいる。実写・実録という点ではドキュメンタリーだが、その映像が語るのは「人は流れ者」という作家自身の世界観だ。

実際、中国人の艾未未も今は流れ流れてドイツに住む。この映画に登場する人たち同様、彼も政治的な理由で祖国を追われた。中国当局によって北京五輪後の2011年にパスポートを取り上げられたが、なぜか4年後に返却されたため、艾は15年に出国してドイツへ移り住んだ。

北京五輪ではメイン会場「鳥の巣」の設計に協力するなど、かつては中国政府のお気に入りだった艾だが、その後は共産党批判を強め、81日間にわたり拘禁されたこともある。「今の私は自分の故郷に受け入れられない。彼らは私を敵と見ている。私が国の現状を案じ、人々を案じているからだ」

それでも、できることなら祖国に帰りたいと思う。「あの国の言葉を話すし、あの国の土地もよく知っている。母はまだあの国に住んでいる。たくさんの友人もいる。でも帰るのは無理だろう。状況は厳しくなる一方だ。多くの友人がまだ刑務所にいる」

艾は欧米諸国に対しても辛辣だ。「これを撮っていて驚いたのは、民主的な、いわゆる自由世界に暮らす恵まれた人々が、あまりにも人間の苦しみに無関心なことだ。これは難民の問題じゃない。人間の危機であり、助けることができるのに助けようとしない人々の危機だ」

自分が「恵まれた人」の一員であることは承知している。この映画には、バルカン半島の難民キャンプにいる若者と艾がパスポートを交換するシーンがある。もちろんジョークだが、そこで2人の立場の違いが浮き彫りになる。

magc171108-ai01.jpg

magc171107-ai02.jpg

magc171108-ai03.jpg

Photo Courtesy of Amazon Studios

ニュース速報

ワールド

インドで旅客機が着陸失敗、少なくとも15人死亡

ワールド

米、香港行政長官ら11人に制裁 自治侵害などで

ワールド

米大統領選、バイデン氏勝利予想 トランプ氏追い上げ

ワールド

日英貿易交渉、大半の分野で実質合意 月内の大筋合意

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 4

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 5

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 6

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 7

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 8

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 9

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月