最新記事

ドキュメンタリー

アイ・ウェイウェイが映す難民の現実『ヒューマンフロー』

2017年11月8日(水)10時30分
ジョシュア・キーティング(フォーリン・ポリシー誌編集者)

「ヒューマンフロー」は世界23カ国で撮影され、さまざまな状況にある難民の姿を映し出した。監督の艾もしばしば登場する(写真左) Photo Courtesy of Amazon Studios

<祖国を追われた中国の芸術家で反体制活動家のアイ・ウェイウェイが、「人間の危機」を告発するドキュメンタリー>

「ただのドキュメンタリーを作るつもりはなかった」と、艾未未(アイ・ウェイウェイ)は言う。それはそうだろう。壮大で前衛的な作品を発表し続ける現代美術家で、著名な反体制活動家でもある艾が、ただのドキュメンタリー映画を撮るわけがない。

最新作は題して『ヒューマンフロー』(人の流れ)。イラクの難民キャンプから、イスラム系少数民族ロヒンギャの流入が続くバングラデシュの村、ギリシャの海岸、アメリカとメキシコの国境まで、世界各地23カ国に出掛けて撮った映像を幻想的につないでいる。実写・実録という点ではドキュメンタリーだが、その映像が語るのは「人は流れ者」という作家自身の世界観だ。

実際、中国人の艾未未も今は流れ流れてドイツに住む。この映画に登場する人たち同様、彼も政治的な理由で祖国を追われた。中国当局によって北京五輪後の2011年にパスポートを取り上げられたが、なぜか4年後に返却されたため、艾は15年に出国してドイツへ移り住んだ。

北京五輪ではメイン会場「鳥の巣」の設計に協力するなど、かつては中国政府のお気に入りだった艾だが、その後は共産党批判を強め、81日間にわたり拘禁されたこともある。「今の私は自分の故郷に受け入れられない。彼らは私を敵と見ている。私が国の現状を案じ、人々を案じているからだ」

それでも、できることなら祖国に帰りたいと思う。「あの国の言葉を話すし、あの国の土地もよく知っている。母はまだあの国に住んでいる。たくさんの友人もいる。でも帰るのは無理だろう。状況は厳しくなる一方だ。多くの友人がまだ刑務所にいる」

艾は欧米諸国に対しても辛辣だ。「これを撮っていて驚いたのは、民主的な、いわゆる自由世界に暮らす恵まれた人々が、あまりにも人間の苦しみに無関心なことだ。これは難民の問題じゃない。人間の危機であり、助けることができるのに助けようとしない人々の危機だ」

自分が「恵まれた人」の一員であることは承知している。この映画には、バルカン半島の難民キャンプにいる若者と艾がパスポートを交換するシーンがある。もちろんジョークだが、そこで2人の立場の違いが浮き彫りになる。

magc171108-ai01.jpg

magc171107-ai02.jpg

magc171108-ai03.jpg

Photo Courtesy of Amazon Studios

ニュース速報

ビジネス

情報BOX:パウエル米FRB議長の発言要旨

ビジネス

ユーロ圏経済、なお「松葉杖」に依存 不確実性極めて

ワールド

J&Jワクチン、伊は停止・仏は使用へ 欧州当局は来

ビジネス

FRB、利上げよりも「かなり前」に緩和縮小の公算=

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 6

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 7

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 8

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 9

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 10

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    青色の天然着色料が発見される

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月