最新記事

人工知能

秋の夜長にAIと一緒にホラー小説創作はいかが?

2017年11月9日(木)15時45分
松丸さとみ

MITメディアラボが開発したAI「シェリー(Shelley)」

<MITメディアラボは、ツイッター上で人間とコラボしてホラーストーリーを書くAIを開発した。「シェリー」は14万のネット上のホラーストーリーを学習していて、1時間に1度、新しいホラー小説のさわりをツイートする>

「りんな」のツイッター&ホラー版?

秋の夜長、読書もいいが、自分で小説を書いてみるのはいかがだろうか? 自力で書き上げる自信がなければ、「シェリー(Shelley)」が手伝ってくれるらしい。

シェリー」とは、マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボが開発した、人工知能(AI)だ。フランケンシュタインの著者として有名な英国人小説家メアリー・シェリーにちなんだ名前で、ホラーストーリーを書くために作られた。しかもただ書くだけではなく、人間とコラボレーションして書き上げるという。

日本では数年前にLINEでチャットできるAI女子高生の「りんな」が話題になったが、こちらはそのツイッター&ホラー版といったところだろうか。

14万話を読破して誕生したAI「シェリー」

MITメディアラボの発表文によると、「シェリー」はまず、オンライン・コミュニティのレディットにある、ユーザーがオリジナルのホラーストーリーを投稿しているページを読んでトレーニングを受けた。「シェリー」がこのサイトで読んだ物語の数は14万話に上るらしい。

素人が書いた文章より、ホラーの定番作品のようなもので学んだ方が上達するのでは?と思うところだが、開発者の1人、マニュエル・セブリアン博士がタイム誌に話したところによると、スティーブン・キングやエドガー・アラン・ポーのような著名作家が書いたホラー小説をすべて読ませたとしても、わずか数メガバイトにしかならず、「シェリー」を作り上げるには不十分だ。前述の14万話だと、700メガバイト相当になるという。また、著作権の問題もあって、アマチュア作家が書いたものを読ませることにしたらしい。

毎時、新たなホラーストーリーが生まれる

「シェリー」が人間とコラボレーションするホラーストーリーは、ツイッター上で展開されている。「シェリー」は1時間に1度、新しいホラー小説のさわりの部分を書く。ハッシュタグ「#yourturn」(あなたの番)が入ると、人間に続きを書いて欲しい、という合図だ。人間はこれに返信する形で続きを書くわけだが、誰が参加してもいいらしい。ガーディアンによると、返信する側も「#yourturn」とハッシュタグを入れると、シェリーに続きを書いて欲しい、という合図になる。

ただし、ガーディアンの記者が試したところ、なかなか「シェリー」に自分の小説を拾い上げてもらえなかったらしい。どうやら「シェリー」のアルゴリズムは、「いいね」や「リツイート」をより多く集めたツイートを拾い上げるようにできているらしいのだ。この記者は、自分の書いたツイートに1度だけ続きを書いてもらえたが、数回のやりとりで終わってしまったという。

その短いコラボを通じてガーディアンの記者が感じたのは、「ある程度のロジックをもって話を続けることができるらしい」ということ。中には意味をなさない文章もあるが、つじつまが合う作品もあるという。そんな作品の1つとして挙げているのが、「Look Away」だ。「シェリー」と複数のユーザーによるコラボ作品なのだが、ガーディアンによると「このうち1人が人間でないということを忘れてしまうほどのでき」とのことだ。

「シェリー」が人間とコラボして書いた作品は、こちらのページに集められている。我こそは「シェリー」と協力しあって魅力的なホラー小説を書ける、と自信がある方は、チャレンジしてみはいかがだろうか。


MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月