最新記事

中国党大会

「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

2017年10月19日(木)16時30分
トーマス・ケロッグ

習近平が強調した「新時代の中国」は世界を支配する中国になりかねない Aly Song-REUTERS

<中国が「友好国」を使って国連の人権監視機関を骨抜きにしている現状を見れば、将来にも悲観的にならざるをえない>

10月18日に開幕した第19回共産党大会で習近平(シー・チンピン)総書記(国家主席)は「新時代の中国」を強調し、2050年までに「世界の先頭に立つ国家になる」と宣言した。中国をトップに頂く世界秩序はどんなものか、それを覗かせてくれる報告書がある。

米国際人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは先月、中国に関する96ページの報告書を発表した。自国と友好国が人権問題で批判されないよう、中国当局が巧妙に国連人権機関の活動を妨害してきた実態を明らかにした内容だ。

「国際的な人権擁護活動が受けた痛手――国連人権メカニズムへの中国の干渉」と題した報告書は鋭い警鐘を鳴らしているが、メディアはろくに取り上げていない。

【参考記事】北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させた理由

習近平「1強」と言われる今日の体制を築く過程で、習は言論統制を強化し、人権状況は悪化の一途をたどっているが、中国当局は様々なツールを駆使して批判を封じ込めてきた。なかでも悪質なのは、中国人活動家が国連職員に協力したり接触したりできなくする措置だ。国連の会合に出席させないために活動家の身柄を拘束した事例が複数確認されており、たとえ出席できても帰国後の処罰は免れられない。そのため多くの活動家が国連や国際NGOとの協力に及び腰になり、中国国内での弾圧状況を彼らから直接を聞くことが困難になっているという。

変容する国連人権理事会

さらに中国は自国に批判的な国際NGOが国連の会合にオブザーバーとして参加できないよう圧力をかけたり、参加資格の認定手続きを妨害している。NGO設立の背景などについて無意味な質問をいくつも送り付け、認定をずるずる先延ばしにするやり方だ。ジャーナリストの保護と言論弾圧の監視活動を行う「ジャーナリスト保護委員会」(本部ニューヨーク)は中国などの妨害に遭い、申請から認定まで4年も待たされたという。

【参考記事】石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

中国はまた、国連人権理事会など国連の主要な人権機関の議論に影響を与えようとしている。人権理事会で中国の人権状況が議題に上がると、中国は毎回、友好国に自国の弁護をさせる。中国に協力すれば経済的な見返りが得られるから、友好国は労を惜しまない。

2013年の人権理事会では反体制派に対する中国当局の弾圧をキューバの代表が抜け抜けと賞賛。「犯罪的な活動を取り締まり、中国の主権を守る、称賛されるべき措置」だとした。中国は「人権分野での業績で賞賛されるキューバ」に賛辞を返した。国連の人権機関は政治的に中立な立場で、事実に基づき各国の人権状況を評価する役割を担うが、中国が友好国と手を組んで煙幕を張るため、本来の役割を果たしにくくなっている。

【参考記事】自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する理由

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月