最新記事

中国社会

中国のキャリアウーマンは年下男性でもOK! 崩れる伝統的結婚観

2017年10月5日(木)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

中国・杭州で行われたアリババ・グループ社員の合同結婚式 THIRD PARTY-REUTERS

<かつての中国では、男性が年上の女性と結ばれれば社会的に敗者とみなされたというが......>

中国の伝統的な結婚観は急激に変化してきているようだ。男性は働いて女性は家庭を守るという古い考え方は、経済成長と人口変動に対応できていない。男女の経済力が均衡するにつれ、家庭での役割にも平等さが求められている。

時代が変わったいま、中国でこれまで敬遠されてきた、女性が年上のカップルの結婚が認められつつある。香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

【参考記事】生涯未婚率は職業によってこんなに違う

結婚したい人とできない

中国南部広州に住んでいたジュ―・シウユン(当時25歳)は、年齢差のために愛する男性との結婚を両親に反対された。

1985年当時の世論では、年下の男性パートナー、いわゆる「若いつばめ」との結婚は冷ややかな目で見られた。ジュ―は「男性が年上の女性と結ばれれば、社会的には敗者とされた」と振り返る。「夫は妻よりも良い教育を受け、すべてにおいて勝っている」ことが当たり前とされていたという。

自分の家族が冷やかしの対象になることを恐れたジュ―は、この恋人との別れを選んだ。「2000年代になってもこうした考えは強く残っていた」とジュ―は語る。

年上女性と結婚する男性は4割に

中国の結婚観の変化は緩やかなものの、確実に進んでいる。広州日報が報じた中国社会科学院の行った調査の結果がその変化を裏付けている。

調査によると、1990年代に結婚したカップルうち男性が年下だったのはわずか13%だったが、2010年代には40%以上に達した。

中国社会科学院は、女性の教育と就職の機会が増えるにつれジェンダーによる不平等を批判する世論が高まったことで、数世紀の間「夫が妻より年上でなければならない」とされていた考え方も衰退したと分析している。

ジュ―の娘のヤン・シウェイはこの変化を実証している。上海でPRマネージャーとして働く31歳のヤンは、4つ年下の男性と結婚した。

ヤンは「私の親世代だと、成功している年上の男性は最高の結婚相手とされました」と言うが、「夫は妻を支配することに慣れていたけど、私の世代はそうじゃない」と言う。愛はお金、教育、年齢と関係のない「分かち合いの精神と平等な関係」だと考えている。

【参考記事】独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間違い

ニュース速報

ワールド

米沿岸警備隊のアジア派遣も、北朝鮮の密輸監視を強化

ワールド

原油先物は高値維持、輸出制限継続とのサウジ高官発言

ワールド

米国、国連の対北朝鮮制裁に基づくブラックリストを提

ワールド

米国、来週にも中国の経済アドバイザーと貿易摩擦で協

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    シンガポール人が日本人より金持ちの理由 老後資産…

  • 6

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 7

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 8

    仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月