最新記事

テロ組織

「選ばれし者」アルカイダの次期指導者はハムザ・ビンラディンで決まり?

2017年9月13日(水)20時45分
ジャック・ムーア

国際テロ組織アルカイダの指導者だったウサマ・ビンラディンの息子ハムザ(写真左)。アフガニスタン中部ガズニ州で2001年頃に撮影されたと見られる REUTERS/Al-Jazeera TV

<ウサマ・ビンラディンの20人以上いる子供のなかでもハムザは幼い頃からアルカイダのプロパガンダに登場し、今もイスラム聖戦運動の中で抜群の知名度と過激さを備えている>

9.11米同時多発テロ16年周年の前日、テロ組織アルカイダは自分たちがジハーディスト(聖戦士)として世界に名を轟かせた9.11当日に4つのメッセージを発表すると予告した。投稿されたメッセージの1つには、世界貿易センタービルに激突しようとする航空機のシルエットや、炎上するツインタワーの画像が載っていた。興味深いのは、そのツインタワーと重ねるように、2人の人物の姿が写っていたことだ。1人は9.11テロを指揮したアルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン。もう1人はその息子、ハムザ・ビンラディンだ。

【参考記事】9.11から16年、アメリカの分断

現在20代後半のハムザは、幹部の高齢化が進むアルカイダの若き後継者だ。アルカイダは、テロ組織ISIS(自称イスラム国)がイラクとシリアにまたがるカリフ国家を樹立し勢いづいた間に存在感を失った。ハムザは今、父ビンラディンの威光を、強力なプロパガンダに利用している。ハムザの名前は、欧米社会でも、広い意味でのイスラム聖戦運動の中でも、抜群の認知度がある。

アメリカはすでにハムザを「国際テロリスト」に指定しているし、あるイギリスの政治家はハムザを「テロの皇太子」と呼んだ。アルカイダの最高指導者アイマン・アル・ザワヒリは2015年8月の音声メッセージで、ハムザを「アルカイダの獅子」と紹介した。ハムザはアルカイダのプロパガンダを一手に担いつつある。

hamza-bin-laden.png

9.11テロ16周年の日にアルカイダが公開したツインタワーにはビンラディン父子の姿が重なっていた AL-QAEDA MEDIA

表に出れば殺される身の上

アルカイダのプロパガンダ部門アズ・サナブは今年5月、「欧米の殉教志願者」に向けた「助言」と題したハムザの音声メッセージを、英語とアラビア語で公開した。ハムザは中東、とりわけシリアやイラク、アフガニスタン、ヨルダン川西岸やガザ地区で戦うイスラム教スンニ派を支援するためジハーディストが団結するよう呼び掛けた。

【参考記事】ベニスで「アラーは偉大なり!」と叫んだら射殺

「できるだけ多くの敵を殺害できるように、標的の選定を完璧にせよ」とハムザは言った。「武器の選択でプロ意識を持て。必ずしも軍用の武器を取る必要はない。銃を取れればそれでいい。それができなくても、他の選択肢はたくさんある」

アルカイダがハムザを貴重な後継者として守っていることを示すヒントは他にもある。アルカイダは成人後のハムザの容姿をまだ一度も公表していない。公表すれば敵軍の関心を呼び、命を狙われてしまうからだ。事実、ハムザの兄サード・ビンラディンは2009年に米軍がパキスタンで行った空爆で死亡し、義理の兄でアルカイダのナンバー2だったハイル・アル・マスリも今年アメリカ主導の有志連合がシリアで行った空爆で死亡した。

【参考記事】バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 3

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 4

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 5

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 9

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月