最新記事

北朝鮮

スイスのロイトハルト大統領、北朝鮮問題で「仲介役の用意」

2017年9月5日(火)12時10分

9月4日、スイスのロイトハルト大統領は4日、北朝鮮情勢を巡る問題の解決に向け、仲介役を務める用意があると明らかにした。写真はベルンで2月撮影(2017年 ロイター/Pierre Albouy)

スイスのロイトハルト大統領は4日、北朝鮮情勢を巡る問題の解決に向け、仲介役を務める用意があると明らかにした。

大統領は記者会見で、スイス軍は韓国と北朝鮮の国境付近に配備されており、スイスはスウェーデンと共に中立的な外交の長い歴史があると指摘した。

中国と米国は責任を果たす必要があるとし、北朝鮮の核実験に「過剰反応」しないよう求めた。

北朝鮮に対する制裁は国民に打撃を与える一方で、核開発を断念させるという目的に対して「あまり多くの変化をもたらさなかった」との見方を示した。

その上で「今こそ対話の時だ。われわれは仲介役を申し出る用意がある」とし、「今後数週間で米国と中国がこの危機にどう影響力を行使できるかが重要な鍵となる。だからこそスイスやスウェーデンには舞台裏で果たせる役割があると考えている」と強調した。

具体例として会談に適切な場所を見つけることを挙げ「これは秘密裏に行う必要がある。ツイッターは適切な手段ではない」と述べた。

「北朝鮮情勢は懸念すべき状況だ。関係国はスイスで交渉し、軍事的ではなく政治的な解決策を見出すことが可能だ」と訴えた。

ただ10月に中国共産党の党大会を控えていることから、交渉には理想的な時期ではないと指摘し「おそらくこれも北朝鮮の計画の一部だろう」との見方を示した。

北朝鮮の最高指導者、金正恩朝鮮労働党委員長はかつてベルンに留学していたことがある。

[ベルン 4日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場は主要3指数が約1%上昇、好決算が支援

ビジネス

ECB、買い入れ策終了への軌道維持

ビジネス

焦点:国内生損保、18年度も苦悩の分散投資 オープ

ビジネス

新規資金は1兆円強、リスク資産投資を積極化=18年

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    ロシアの核魚雷が起こす「放射性津波」の恐怖

  • 4

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 5

    朝鮮戦争「終戦協定」は中国が不可欠──韓国は仲介の…

  • 6

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 7

    核実験場に消えた政治犯たち...金正恩「被ばく強制労…

  • 8

    進化する人類──素潜り漁のバジャウ族、「脾臓が大き…

  • 9

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 10

    中国軍がグアムを標的に軍事演習、太平洋進出を米警戒

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 3

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 8

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わ…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    整形で「デザイナー・ヴァギナ」を求める女性が急増

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月