最新記事

欧州経済

ブレグジットばねにEU結束を、欧州ユンケル委員長が呼び掛け

2017年9月14日(木)07時31分

9月13日、欧州委員会のユンケル委員長(写真)は欧州議会での施政方針演説で、欧州連合(EU)の各国政府は英国のEU離脱(ブレグジット)と景気回復を活かし、世界貿易の中心的存在として結束するよう呼びかけた(2017年 ロイター/Christian Hartmann)

欧州委員会のユンケル委員長は13日、欧州議会での施政方針演説で、欧州連合(EU)の各国政府は英国のEU離脱(ブレグジット)と景気回復を活かし、世界貿易の中心的存在として結束するよう呼び掛けた。

ギリシャの債務問題や難民流入、ユーロ懐疑派の台頭といった一連の危機緩和や経済成長に触れ、「欧州に流れが戻った。絶好の機会が訪れているが、永遠に続くことはない」と指摘した。

「ブレグジットがすべてでなく、欧州の未来でもないのだから、前進し続けよう」と述べ、英国のEU離脱決定をプラスに変える必要性を強調した。

すべての加盟国にユーロ圏や他のEU機関参加を呼び掛けた。「ユーロ圏で大陸内の分離より統合を望むなら、(ユーロは)一部の国で構成するグループ通貨以上の存在であるべきだ。ユーロはEU全体の単一通貨となる運命だ」と述べた。

英国がEUを離脱すれば、ユーロ圏非加盟国は8カ国となり、EUの域内総生産(GDP)に占める割合は15%にとどまるとされる。ユンケル氏は、EUとユーロ圏の政策は一体的に運営するのが自然との認識を示す。

フランスが主導するユーロ圏予算や財務相、議会構想には反対の立場を示した。

演説を受けブレグジット推進派らは、EUが強権化、中央集権化を進めようとしているとして、離脱は正しい判断だったと語った。

ユンケル氏はこのほか、中南米諸国との貿易協定締結に意欲を示すとともに、インフラやハイテク製造業、エネルギー分野における中国勢の欧州企業買収を制限することを提案した。

米国との自由貿易協定(FTA)の交渉加速も呼びかけた。

EUは7月に日本と経済連携協定(EPA)交渉で大枠合意しており、オーストラリア、ニュージーランドとの貿易交渉にも前向き。

メキシコおよび南米4カ国の関税同盟メルコスルとは、年内のFTA締結を目指している。

中国企業による域内企業の買収については、投資審査の枠組み構築を提案。戦略的利益を守る意思を示した。

[ストラスブール 13日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:成長事業は健康領域、必要に応じてM&

ビジネス

インタビュー:ドル105円割れは買い、株は上値で売

ワールド

米伝道師ビリー・グラハム氏が死去、歴代大統領にも助

ワールド

北朝鮮、五輪閉会式に金英哲・労働党副委員長を派遣=

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 3

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 4

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 9

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 10

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 5

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 6

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 7

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 8

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 9

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「…

  • 8

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月