最新記事

野生動物

イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

2017年8月17日(木)15時01分
ジョシュ・ロウ

母親と一緒に泳ぐ生後56日の赤ちゃんイルカ(ドイツ・デュイスブルグの動物園) Wolfgang Rattay-REUTERS

<母親からはぐれたイルカの子供を殺してしまった人間の身勝手>

スペイン南部の海岸で、イルカの赤ん坊が死んだ。興奮した海水浴客がよってたかって触ったり自撮りをした結果だという。

動物愛護団体エクイナックのフェイスブックページによると、スペイン南東部モハカルの海岸にイルカの子供が一頭で迷い込み、たちまち「数百人」の人間に囲まれた。

心配した住民がスペインの動物救急ダイヤル112に電話し、エクイナックが救出のため派遣されたが、15分後に海岸に到着したときにはすでに死んでいた。

エクイナックによれば、イルカは「ストレスにとても弱い」。とくに母親とはぐれて弱って怯えている子イルカの場合、しつこく触ったり写真を撮ったりするとショック状態に陥るという。

「寂しくてお腹が空いて怯えるイルカの気持ちがわからないのか」と、エクイナックはフェイスブックに書いている。「そっとして、すぐに助けを呼ぶべきだった」「保護動物のイルカを殺せば犯罪にもなりうる。誰であろうと見つけたら容赦なく追及する」


死んでしまったイルカの赤ちゃん Facebook/Equinac

【続報と追加写真】イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

【参考記事】垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛護団体から残酷との声
【参考記事】ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか
【参考記事】シャチがホホジロザメを餌にし始めた

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

サウジ原油輸出、11月は日量737万バレルに増加=

ビジネス

ドイツ経済、19年は欧州債務危機以来の低成長=中銀

ビジネス

世界成長率見通し、20年3.3%に下方修正 印など

ビジネス

台湾輸出受注、12月は14カ月ぶり増加 通年ではマ

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 6

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 8

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    ゴーン「逮捕翌日、フランス大使から日産の陰謀を知…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは大荒れの予感

  • 4

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 5

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 6

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月