最新記事

キャリア

スーツはおしゃれの道具じゃない、「細身」では信用されない

2017年7月26日(水)11時33分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

 まず大前提ですが、ビジネスファッション(スーツ)は、本来、むしろ年齢を重ねたほうが似合います。好例が映画『キングスマン』です。ロンドンの高級テーラーの地下がスパイ組織の本部で、スーツ姿のスパイたちがキレッキレのアクションを決める胸熱映画ですが、この映画には二人の男性主人公が出てきます。コリン・ファース1960年生まれ、そしてタロン・エガートン1989年生まれ。映画公開が2014年なので、アラフィフと20代ですが、アラフィフであるコリン・ファースのほうが俄然かっこよくて痺れます。役柄の不利さもありますがタロン・エガートンは青二才で影が薄く物足りません。最強のカードに見える「若さ」よりも「貫禄、威厳、堂々」のほうがスーツでは効くんだと気づかされて、痛快な気分になる一本です。

 若けりゃいいってもんじゃない。それなのに、若さにすがりつき細身スーツを着てしまう人が少なくないのはファッションメディアの責任も大きいでしょう。男性ファッション誌を見ると、中年以降になると欧米人のモデルが目立ちます。どの世代でも日本人モデルの出てくる女性ファッション誌と比べて遅れています。

 身近にいいお手本がないために、「太っていて、顔が大きくて、いい年なのに超細身スーツ」という独自解釈のヘンテコビジネスファッションが幅をきかせてしまっているのでしょう。21世紀にもなっていまだに脱亜入欧魂をメディアが出しているのは残念なことです。

【参考記事】独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間違い

細身スーツの弊害2:ウェイウェイして見える

 なぜ細身スーツがいただけないのかについて続けます。

 ビジネスファッションにおいて重視されることは、

①控えめであること
②清潔感があること

 の2点ですが、細身スーツは全然「控えめ」ではありません。

 会社生活において、上司に「この野郎」と思ったことなど一度もないという人がいたら相当タチの悪い嘘つきですが、「この野郎」と実際上司に言ってやったぜという人がいたらその人はアホです。そんなことが通用するのはドラマや漫画の中だけであり、現実は上司に楯突いたら会社に徐々に居場所がなくなっていくだけです。「自分の言いたいこと(=欲望)をそのまま伝えたところで相手に通じるわけがない」のだから、我慢をしたり、どう角を立てずに伝えるか、そのためのあらゆる工夫が仕事というものでしょう。

 一方、「イキリすぎ」の細身スーツは「俺ってスタイリッシュゥ! ビジネスシーンでもおしゃれ心を忘れない俺! そこにシビれる! あこがれるゥ!」な服装です。自我が最優先で、耐え忍ぶストイックさの痕跡を微塵も感じさせません。たとえ仕事自体はストイックにこなしたとしても、服装が「ウェ〜イ」なら、査定する側から、あいつ見た目が「ウェ〜イ」だしなあ、と実際の成果よりも低く見られる可能性は極めて高いでしょう。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、OPEC批判 人為的に高い原油「

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案引き上げ正式発表 1株4

ビジネス

GE、第1四半期調整後利益は予想上回る 株価6.8

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案価格引き上げの公算 1株

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 2

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 3

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知っているので最悪の事態にはならない

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    地球外生命体との「未知との遭遇」は中国のほうが先?

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月