最新記事

ウクライナ紛争

流血の8月へ向け、ロシア軍がウクライナ国境に集結

Russian Army Arrives at Ukraine Border as U.S. Fears Over ‘Hot War’ Simmer

2017年7月25日(火)15時30分
ダミアン・シャルコフ

ウクライナ政府が掌握する東部アウディフカで機関銃を撃つ政府軍兵士 Oleksandr Klymenko-REUTERS

<ロシアは関与を認めないが、戦闘は激化している。ウクライナからの分離独立を目指す親ロ派のドンバス地方では、過去72時間で9人のウクライナ兵が死んだ。流血のピークは例年、8月と決まっている>

ウクライナとロシアの国境地帯で例年戦闘が最も激化する8月を控え、ロシアがウクライナ東部の親ロシア派支配地域に軍隊を送り込んでいる、とウクライナ政府は警戒する。一方ロシアは、自国の軍隊を自国に配備するあらゆる権利があると、即座に反論した。

【参考記事】ウクライナ戦闘激化で試されるトランプ──NATOもEUも捨ててロシアにつくのか?

2014年3月にロシアがウクライナのクリミア半島を併合して以降、両国の関係は著しく悪化した。これまでロシアは国境地帯の親ロシア派武装勢力を支援してきたが、ウクライナに対して宣戦布告はせず、戦闘への関与を否定し続けている。

ウクライナ軍の公式フェイスブックに投稿された軍会議の動画で、ビクトル・ムジェンコ軍参謀総長はロシア軍の国境地帯で新たな動きを確認した、と言った。

「国境に集結しているロシア軍の組織や職員の構成や、武器や装備を増強しつつある状況から判断して、彼らは攻撃部隊であり、急襲作戦に出る可能性がある」

ムジェンコが特定した部隊は、具体的に3個の自動車化狙撃師団を指す。そのうち2つは戦闘で荒廃したウクライナ東部ロシア国境でドネツク州とルガンスク州を含むドンバス地方に本部を置き、もう1師団ははるか北、ロシア西方の都市スモレンスク近郊に配備されている師団だ。

【参考記事】ウクライナ東部の親ロシア派武装勢力、新国家「小ロシア」樹立宣言

停戦違反も8月が最多

ロシア軍はかねてから、戦闘が発生しそうになると親ロシア派武装勢力の支配地域付近やウクライナとの国境付近に兵力を結集させてきた。停戦監視団の記録でも、停戦違反が最も多いのが8月だ。

ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、ウクライナ国境での部隊増強について問われても、肯定も否定もしなかった。

「ロシアは自国領土での軍隊の配備を自由に変更できる」と、ペスコフは月曜にロシア国営のイタル・タス通信に語った。「具体的な事実関係の質問は、国防省の人に尋ねた方がいい」

ロシアはドンバス地方で親ロシア派武装勢力を支援していることを否定する。だが親ロシア派が3年にわたりヨーロッパ諸国を寄せ付けないほど強力な兵力を維持するうえで、武器や装備を一体どこから入手したのかという疑問には答えていない。

ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領は月曜、ロシアやフランス、ドイツの首脳と相次いで電話会談を行い、ここ数日の戦闘は「今年に入って最も血なまぐさい」ものになっている、と警告した。

【参考記事】帰ってきた「闘うプリンセス」は次期大統領としてロシアに挑む?

ウクライナをめぐる交渉で米政府の新代表に任命されたカート・ボルカーは、米ラジオ局「ラジオ・フリー・ヨーロッパ(RFE)」の取材に対し、現地では激しい交戦が行われていると語り、ドンバス地方では過去72時間以内に少なくとも9人のウクライナ兵士が殺害されたと言った。

(翻訳:河原里香)

ニュース速報

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

ビジネス

日産、英工場で数百人削減へ ディーゼル車需要縮小=

ワールド

米大統領、電話会談でプーチン氏に訪米要請─ロシア外

ビジネス

焦点:「バイ・アメリカン」の内側、武器輸出増狙うト

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 2

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 3

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 9

    隕石内のダイヤモンド、太陽系初期に存在した大型原…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月