最新記事

イタリア

脱ポピュリスト狙う伊五つ星運動 課題はユーロ離脱の国民投票公約

2017年6月22日(木)11時30分

6月20日、イタリアの反体制派政党「五つ星運動」は世論調査で高い支持率を得ており、来る総選挙での政権獲得に向けてポピュリスト(大衆迎合主義者)のイメージを払しょくし、外国人投資家や金融市場の信頼を勝ち取ろとしている。写真はカルラ・ルオッコ氏(右)ら運動の幹部。ローマで2016年11月撮影(2017年 ロイター/Remo Casilli)

イタリアの反体制派政党「五つ星運動」は世論調査で高い支持率を得ており、来る総選挙での政権獲得に向けてポピュリスト(大衆迎合主義者)のイメージを払しょくし、外国人投資家や金融市場の信頼を勝ち取ろとしている。

ただ、こうした努力の足かせとなっているのが、同党がユーロ離脱の是非を問う国民投票を実施すると約束していることだ。

選挙前にこの方針を撤回すれば他党、あるいは有権者もこぞって公約違反だと責めたてるだろう。逆に国民投票実施を掲げ続ければ、国際社会や市場から相手にしてもらえないというジレンマを抱えている。

五つ星運動はこうした苦しい立場を自覚しているようだ。有力幹部の1人であるカルラ・ルオッコ氏はロイターに対して国民投票は「交渉の手段だ」と強調。主要投資家や市場は「五つ星運動政権」がユーロ問題で本当に意図していることを、国民投票問題ときっちりと区別して理解できるはずだと説明した。

同党が求めているのはイタリアを含む経済状態がより低調な国を救うためのいくつかのユーロ圏のルール変更で、例えば欧州連合(EU)が定める財政赤字から公共投資を除外することや、域内の銀行不良債権を処理するための「欧州バッドバンク」創設などだ。

ルオッコ氏は「交渉の席に臨む際にはプランBを用意しなければならない。そして国民投票がわれわれのプランBだ」と語った。

ある五つ星運動の関係者は、これからは国民投票への言及をなるべく避ける作戦を立てたと漏らした。もっとも今月の世論調査結果では、五つ星運動支持者の58%がEUに好意的な見方をしていることが判明しており、同党が国民投票の公約を撤回しても支持者が失望しない事態もあり得る。

それでも五つ星運動の変わりようには驚かされる。わずか2年前には、同党は国民投票がイタリアの財政・金融面での主権回復にとって不可欠だと論じて、手続きを進めるために必要な署名を集めている。

ニュース速報

ワールド

焦点:中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打診 日本の仕事激減が再び?

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 8

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    整形で「デザイナー・ヴァギナ」を求める女性が急増

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月