最新記事

極右

オランダ下院選、中道右派の与党が政権維持へ 極右第1党ならず 

2017年3月16日(木)10時36分

 3月15日、オランダ下院選挙の第2回出口調査によると、ルッテ首相率いるえ与党の自由民主党が150議席中31議席を獲得し、リードしている。写真はハーグで投票するルッテ首相(2017年 ロイター/MICHAEL KOOREN)

オランダで15日、下院選挙(定数150議席)の投開票が行われ、ルッテ首相率いる与党の中道右派、自由民主党(VVD)が第1党を維持する見通しとなった。ナショナリズム拡大を懸念する欧州の各国政府にとって安心感をもたらす結果になりそうだ。

オランダ通信(ANP)が伝えたところでは、開票率約55%時点の獲得議席予想はVVDが最多で32議席。ただ、前回2012年の41議席から減らすとみられる。

「反イスラム」を掲げるウィルダース氏率いる極右・自由党(PVV)は、キリスト教民主勢力(CDA)や民主66と共に19議席で並んでいる。

オランダ放送協会(NOS)による出口調査の第2回発表では、VVDが31議席を獲得するとされ、PVVの19議席をリード。また、他の2党も19議席を獲得するとの結果だった。

ルッテ首相はハーグの集会で「VVDが最大議席を獲得するようだ」と事実上の勝利宣言。「ブレグジット(英国の欧州連合離脱)や米大統領選後に、オランダが間違ったポピュリズム(大衆迎合主義)を食い止めた夜にもなった」と支持者らに語った。

一方、PVVのウィルダース党首は、記者団に「第1党にはなれなかったが、敗れたわけではない。誇れる結果だ」と述べた。

NOSによると、投票率は81%で12年の74.6%を上回り、過去30年で最も高い水準。

フランスやドイツなど欧州各国では今年行われる選挙で極右政党が躍進する勢いを見せているが、出口調査の結果通りなら、主流派政党にとっては安心材料となる。

ただ、PVVの勝利は免れたものの、ルッテ首相による長年の緊縮政策でVVDの得票率は低下。連立政権を組む労働党は、前回の38議席から大幅に議席を減らすとみられ、過去最悪の結果となる見通し。

このため、選挙後の連立交渉は長ければ数カ月かかる可能性もある。

[アムステルダム 16日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは106円後半、実需の買いで上昇 後が続

ワールド

米韓、延期中の合同軍事演習実施へ協議中=韓国統一相

ワールド

英新党、EU離脱撤回目指す 最終合意否決を議員に要

ワールド

豪オイル・サーチ、2017年は大幅増益 パプアニュ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 2

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙。この男に心はあるのか?

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

  • 5

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    「トランプは我々を犬扱いした」プエルトリコの怒り…

  • 8

    「コーヒー摂取の健康リスク」に関する注意喚起がカ…

  • 9

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月