最新記事

行動遺伝学

収入を決めるのは遺伝か親の七光りか:行動遺伝学者 安藤教授に聞く.2

2017年2月24日(金)16時30分
山路達也

InstantsーiStock

行動遺伝学が明らかにした知見の1つは、収入にも遺伝が影響しているということです。ならば、私たちの人生は生まれた時点で概ね決まってしまうのか......? 行動遺伝学者 安藤寿康教授に尋ねました。

その1はこちら

yamaji1_.jpg


•安藤寿康著『日本人の9割が知らない遺伝の真実』(SB新書)

収入に与える遺伝の影響は45歳がピーク

――先の記事で特に反応の大きかったトピックが「収入に与える遺伝の影響は、歳を取るほど大きくなる」です。20歳くらいだと、遺伝よりも共有環境の方が収入の個人差に影響するのだけれど、年齢が上がるにつれ遺伝の影響が大きくなっていくと。「45歳で遺伝の影響はピークを迎える」ということなんですが、これはどう考えればいいんでしょう。どういう経験を積んでも、結局は持って生まれた遺伝子セットによって収入もある程度決まってしまうと言うことなんですかね?

安藤:遺伝の影響が大きくなるというのは、確かにわかりにくいですね。山形や中室ら研究者が行った研究がどういうことを表しているのかイメージしやすいように、双生児で極端な例え話をしてみます。

ある一卵性双生児の1人は、大学卒業後、なりたい職業が思いつかなくて、その気もなく受けた会社にことごとく落とされたのでフリーターになり、もう片方はやっぱり特になりたい職業が思いつかなかったけれど、たまたまその気もなく受けた会社から気に入られたのでとりあえず会社勤めをしたとしましょう。でも、それから数十年して45歳くらいになると、だいたい似たような社会的ポジションについている可能性が高いということなんです。フリーターになった前者はそのままフリーターを続け、後者は会社に入ったもののやっぱり合わなくてフリーター的な生き方を選ぶかもしれない。あるいは、フリーターになった前者がやっぱりどこかの会社で頑張ろうという気になって、後者と同じような働き方をするようになるかもしれない。そういう傾向が見られるということです。

一方、共有環境が小さくなるということは、次のように説明できます。ある二卵性双生児の1人は外向的でコミュ力が高いけれど、もう一方はそれほど高くない。親が金融関係で活躍していたので、そのコネでどちらも名の通った銀行に勤め、若いころのお給料はどちらもよかった。しかし外向的な方はその後海外に赴任して業績を上げどんどん出世したけれど、内向的な方は海外赴任の機会もあったのに辞退したりしてパッとせず、ずっと平社員にとどまった......みたいな感じです。

もちろん、どういう仕事に就くことになるかについては、たまたま遭遇した社会的な文脈も大きいですよ。例えば、一卵性双生児の片方が日本で銀行員になり、片方が何かの事情でアフリカに行くことになったとして、後者がアフリカでは日本の銀行員で発揮されるような素質では通用しないかわりに、まったく違う職業適性を見つけることもあり得ます。それは遺伝と環境の交互作用、つまり違う環境ではちがった素質が出てくるという現象として理解されます。

収入と遺伝の相関を調べた研究が示しているのは、少なくとも今の日本において、学校を卒業してから20数年間のうちに人が行う収入に関わる行動の出方や環境の選択には遺伝の影響があり、人はある程度、その社会の中で向かうべくして向かう方向へ動いているらしい、ということなんです。

――一卵性双生児であっても、入試の成績が数ポイント違ったことで違う学校に進み、それによって人生が大きく変わってくることはありそうな気がしますけど。

安藤:程度問題ですから、多少の差は出てくる可能性はもちろんあります。しかし、この研究が示しているのは、全体として見ると学校の違いがその後の人生における収入の劇的な差にはつながっていないということですね。学校の違いはもともと能力や才能の違いを反映していて、たまたま違った学校に行かざるを得なくなったとしても、結局はもともとの持ち味がその後のいろんな場面でものを言ってくる、ということなんだと思います。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月