最新記事

抵抗

トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジョン・ルイスって誰?

2017年1月16日(月)20時49分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

公民権運動の闘士、ジョン・ルイス米下院議員 Joshua Roberts-REUTERS

<黒人差別を撤廃させた功労者を侮辱したトランプに共和・民主両党から非難が殺到。大統領就任式をボイコットする議員も続出>

 トランプ次期米大統領(70)が、公民権運動の指導者で米議会でも超党派の尊敬を集めている民主党の下院議員、ジョン・ルイス(76)を侮辱したことで、20日の大統領就任式をボイコットする動きが民主党の議員の間で広まっている。

 事の発端は、ルイスが先週13日、NBCのインタビューでトランプを「正当な大統領とは認めない」と発言したこと。「この男はロシアの協力で当選し、クリントンはロシアに潰された」「フェアではない」と、ルイスは言った。

 これに対しトランプは翌日、ツイッターで反撃した。「(ルイスは)いつも口ばかりで、行動や結果がついてこない」とか「(犯罪だらけの)自分の選挙区のことを心配したほうがいい」などと、いつもの調子でやり返したため、ルイスを英雄視する議員やメディア、市民の間で怒りが広がった。

逮捕は40回以上

 就任式をボイコットする民主党議員は、ルイスの発言以前は数人だったが、発言後は24人(15日現在)に増えた。市民団体のCREDOアクションは民主党議員すべてに就任式欠席を呼び掛けており、すでに12万6000人の署名を集めている。

 ルイスは日本ではあまり知られていないが、アメリカでは1960年代の公民権運動を代表する人物の1人で、人種差別撤廃のために生涯を捧げてきた。マーチン・ルーサー・キング牧師が「私には夢がある」から始まる有名な演説を行った1963年のワシントン大行進を組織したのもルイスで、基調演説も行っている。

 アメリカ南部を中心とした運動の間、40回以上逮捕された。1965年、アラバマ州セルマの「血の日曜日」には、投票権を求める行進を率いて警察官から警棒で殴られ、頭蓋骨骨折の重傷を負う。87年から下院議員を務めていて、今回の就任式が初めての欠席になるという。

 16日は公民権運動の成果をたたえる休日「キング牧師の日」。反発が広がりそうだ。

トランプ>......選挙結果にケチをつけるより(自分の選挙区の心配をしたらどうだ)。話、話、話ばかりで、行動も結果もない。悲しいね! ロン・ワイデン上院議員(民主党)>これは話じゃない、ジョン・ルイスはアメリカの英雄だ 政治家志望のエバン・マクマラン>キング牧師の日の週末にちなんではっきりさせておこう。ジョン・ルイスはアメリカの愛国者だ。トランプがルイスを叩くのもそのせいさ ワシントン・ポスト紙マイケル・ガーソン>ジョン・ルイスに対して口だけで行動が伴わないなどという人間は、アメリカの歴史を何もわかっていない。彼の行動こそがこの国を自由にしてくれた 保守派の政治評論家ビル・クリストル>思った通りだ、トランプはジョン・ルイスよりプーチンのほうに敬意を払う

ニュース速報

ビジネス

アント、香港IPOブックビルディング短縮 需要堅調

ワールド

訂正:米上院、最高裁判事にバレット氏承認 トランプ

ワールド

フィリピン、新型コロナワクチン購入は政府間取引望む

ビジネス

中国工業部門企業利益、9月は前年比10.1%増に鈍

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月