最新記事

英EU離脱

「ハードブレグジット」は大きな間違い?

2016年10月19日(水)11時00分
ジョシュア・キーティング

Darren Staples-REUTERS

<EUからの移民も規制も完全排除して経済を後回しにする、強硬(ハード)路線をイギリス国民は本当に望んでいるのか>(写真:来年3月末までにEU離脱交渉を始める考えを表明したメイ首相)

 ブレグジット(イギリスのEU離脱)について先行きがずっと不透明だったイギリスが、ようやく展望を見いだしたようだ。

 メイ首相は先週、来年3月末までにEU側との離脱交渉を開始すると明言。イギリスとEUの新たな経済的・政治的関係についての話し合いだが、交渉期間は原則2年と決まっている。交渉がまとまろうが決裂しようが19年のEU離脱は変わらない。

 大きな課題となるのはイギリスが今後、EUとどんな関係を望むかだ。大半のイギリス人にとってEU加盟国としてのメリットは、EU市場で英企業のビジネス展開が容易なこと。デメリットはEU加盟諸国から労働者が流入すること、そして英国内の規定にまでEU本部から口出しされることだ。

【参考記事】難民を締め出したハンガリーに「EUから出て行け」

 ジョンソン外相をはじめとするブレグジット支持者は、離脱後もイギリスはEUの恩恵を享受できると有権者に断言している。だがEUの各国政府は、何の義務も果たさずに特典だけを利用しようとするのは虫のいい話だと見ている。そのため、英政府はEUとの交渉の中で何を優先していくのか見極める必要がある。

 メイ率いる保守党は、「ハードブレグジット」と「ソフトブレグジット」と呼ばれる2つのシナリオのどちらを選ぶかで二分している。ソフト路線の優先事項は、EU圏との貿易とEU市場への参入だ。代わりに移民に関してEUからの指示を一部受け入れ、EUの規定も大幅に維持する。非加盟国のスイスやノルウェーも同様の取り決めを結んでいる。

経済的影響は説明されず

 一方のハード路線は、EUとは完全に手を切り、イギリスの国境管理と国内規定に関して一切干渉させないというものだ。ただしこの路線を貫くと、EU圏内での無関税貿易という特権を失うことになる(現在、イギリスの輸出の約4割をEU向けが占めている)。

 ハード路線を取れば、ロンドンが金融の中心地としての地位を失う可能性も高い。ロンドンを拠点とする金融機関が従来どおりEU圏内で自由にサービスを提供できなくなるため、欧州での本拠地をイギリスから他国へと移す動きが加速しかねない。既に日本の金融機関1社が動きだしているとの報道もある。

ニュース速報

ワールド

中国外務省、米国のTikTokなどへの取引停止措置

ワールド

トランプ氏、TikTokとウィーチャットとの取引を

ワールド

コロナワクチン、1億2000万回分供給でアストラゼ

ビジネス

K―POP「BTS」所属事務所のIPO申請、韓国取

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史からそれは明らか

  • 3

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい対日決議はなぜ起きたか

  • 4

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    フィリピン首都マニラ都市圏が再ロックダウン 新規…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 8

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 9

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月