最新記事

フィリピン

ドゥテルテ、大統領就任式からメディアを締め出し=公約どおり

2016年6月29日(水)19時41分
ヘンリー・ジョンソン

Lean Daval Jr-REUTERS

<「自分もレイプしたかった」「記者は死んで当然」などの暴言で知られる「フィリピンのトランプ」、ロドリゴ・ドゥテルテが明日、フィリピンの大統領に就任する。だがメディアの直接取材は禁止じられた。民主化後のフィリピンでは初めてのことだ>

 レイプ被害者に言及し「自分もレイプしたかった」──神をも恐れぬこんな暴言で「フィリピンのドナルド・トランプ」と呼ばれたダバオ市長のロドリゴ・ドゥテルテが明日、フィリピンの大統領に就任する。だが、報道陣は就任式の会場を取材できないという。

 民主化後のフィリピン大統領で、報道をここまで締め付けるのは初めてのことだ。

 ドゥテルテは、選挙期間中にも全国を周りながらジャーナリストを侮辱しまくった。報道陣のボイコットは、公約の一つでもあった。そして今回、ドゥテルテの報道官が、大統領就任式は国営メディアが独占的に取材するので、その他すべてのメディアは取材を禁じると発表した。

 犯罪都市と言われた南部ミンダナオ島のダバオ市の治安を劇的に回復した実績を売り物にするドゥテルテは、かねてから報道陣嫌い。記者会見で質問中の女性リポーターをやじり倒し、その模様がテレビ中継で全国に流れたり、ある殺害された記者について「暗殺されて当然」と言ったこともある。

【参考記事】ドゥテルテ次期比大統領、ジャーナリストは「死んで当然」
【参考記事】フィリピン次期大統領ドゥテルテ氏、意外に深い華人とのつながり

会場も屋外から密室へ

 伝統的にマニラの歴史ある公園で開放的に行ってきた就任式は、大統領宮殿の大広間に場所を移して行われる。入れるのは選ばれた招待客と国営メディアだけ。その他メディアはごく一部が庭にカメラなどの機材設置を認められたが、ほかは宮殿内の別室に押し込められ、ストリーミングで式を観ることになる。

 招待されないのは報道機関だけではない。なんと、ドゥテルテの副大統領に就任するレニ・ロブレドも呼ばれない見通しだ。女性の権利や貧困問題を気遣うロブレドは、ドゥテルテの武闘派イメージに合わないせいか、これまでもなかなかアポが取れていない。

 メディアについても、恫喝を繰り返しながら自分に好意的なジャーナリストの選別を行っているのかもしれない。

From Foreign Policy Magazine

 

 

 

 

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月