最新記事

フランス

売春婦ではなく客を処罰する買春禁止法がフランスで可決

「性を売る側ではなく買う側が悪い」という考え方は、スウェーデンに始まってさらに広がる気配

2016年4月8日(金)17時04分
ミレン・ギッダ

仕事を奪うな! 性労働者からは客側を処罰する法案への反対もある(写真は13年の抗議デモ) Jacky Naegelen-REUTERS

 今週フランスの国民議会は、売春婦ではなく買春した客を処罰する北欧型の買春禁止法案を可決した。この法案は2013年に左派の社会党から提案されたが、その後、左右両派からの反対意見を受けて、国民議会の上下両院で修正が続いていた。

 法案が可決されたことで、フランスでの買春は違法となり、性的サービスに対して対価を払った者には最大4274ドルの罰金が科せられる。有罪となった買春客は、性労働者の現状について学ぶ講義を受けなければならない。

性労働者組合は反対?

 新しい買春禁止法に賛同する性労働者もいるが、BBCの報道によると、国民議会前では法案に反対する約60人の性労働者が抗議デモを行った。フランスの性労働者組合は、新法によって性労働者の収入が減り、闇で買春行為を行うことで危険な状況に追い込まれるのではないかと危惧している。

 一方、新法の支持者は、これで人身売買組織の摘発がやりやすくなると主張する。フランスの性労働者の85%が人身売買の被害者と見られている。

【参考記事】「セックス拒否」は政治も動かす

 法案は国民議会下院で賛成64、反対12の大差で可決された。賛否が分かれる法案だけに棄権した議員も多かった。なかでも右派の議員はこの法案に激しく反発してきた。

 これで2003年からフランスで施行されていた、性的サービスを提供する性労働者を処罰する法律は無効となる。今後、買春で有罪となった客は初犯で1709ドルの罰金を、再犯に及ぶと倍以上の罰金を科せられることになる。

 北欧のスウェーデンは、性的サービスを提供する側ではなく客の側を処罰する法律を導入した最初の国で、フランスの買春禁止法はそれに続くもの。同様の法律は、ノルウェー、アイスランド、北アイルランドでも施行されている。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…