最新記事

航空機事故

【写真特集】マレーシア機撃墜現場で証拠隠滅を図った「悪の所業」

ロシア製ミサイルによる撃墜と断定され、今後は国際合同チームによる刑事捜査の段階へ

2015年10月14日(水)17時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

明かされた真実 13日に発表されたオランダ安全委員会の最終報告ではロシア製ミサイルによる撃墜と断定された Michael Kooren-REUTERS

 昨年7月にウクライナ東部で起こったマレーシア航空機の撃墜事件で、墜落原因の調査を主導してきたオランダ安全委員会が今週、最終報告を発表した。

 調査では、親ロシア派が支配する地域から発射されたロシア製の地対空ミサイル「BUK(ブーク)」によって撃墜されたと結論付けた。回収された機体の再現によって、ミサイルが航空機の先頭部分、操縦室の左上約1メートル程度の至近距離で爆発し、破壊力を強化するために弾頭に仕込まれた大量の金属片が機体を襲ったことがわかった。

 さらに英紙ガーディアンによると、操縦室にいた3人のパイロットは最初のミサイルの爆発で即死したと見られ、遺体からは爆発時に飛散した多くの金属片が見つかった。このうち2つの金属片が「BUK」に特徴的な「蝶ネクタイ」の形をしていたことが、ミサイル特定の決め手の一つとなった。

 また機長の遺体をオランダの航空専門家が検分した際、「遺体に混入した物体を除去する作業がすでに実施されていた」こともわかった。撃墜現場で、証拠隠滅が図られていた可能性を示している。

 今回の調査では、ミサイルを発射したのが誰かを特定することはしなかった。今後は刑事事件として、オランダの他、ウクライナ、マレーシアなどが参加する国際合同チームの捜査にゆだねられることになる。

mh17report-02.jpg

墜落現場では機長の遺体から証拠となる金属片が除去されていたことがわかった Maxim Zmeyev-REUTERS


mh17report-03.jpg

再現された操縦室の様子。ミサイルは操縦室から約1メートルの近距離で爆発したと見られている Michael Kooren-REUTERS

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米の鉄鋼・アルミ関税はルール違反、是正勧告=WTO

ワールド

米ロ囚人交換、二国間関係改善と見なすべきでない=ロ

ワールド

サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介=ファ

ビジネス

一部のユーロ圏銀行、ECB低利融資返済に困難も=監

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 6

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 9

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 10

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月