最新記事

領土問題

南シナ海の中国を牽制するベトナム豪華クルーズの旅

行く先は何もない島でも、実効支配をアピールし、中国の神経を逆撫ですることに意義がある

2015年6月16日(火)18時29分
パトリック・ウィン

島というより岩 中国とベトナムが奪い合う南沙諸島の岩礁(写真は2010年) Stringer-REUTERS

 南沙諸島(スプラトリー諸島)は殺風景な場所だ。しゃれたリゾートや海辺のバーはもちろん、トイレすらない。

 それでもベトナム政府は、こんな僻地に豪華クルーズ船を送り出し続けている。乗客たちは800ドル払って遠く離れた岩礁の島に赴く。見えるのは、だだっ広い海に点在する退屈な岩だけ。いわば「無」へのクルーズだ。

 ツアーの売りは、旅行ついでに中国の神経を逆撫でできること。主たる顧客は、1)美しい岩礁ときらめく海が好きで、2)近海の支配権を確立しようと画策する中国を嫌うベトナム人だ。

 南シナ海に位置し、ターコイズブルーの海が広がる南沙諸島は、アジアでもっとも熾烈な縄張り争いの舞台になっている。

 中国は、南シナ海の全域が事実上自分たちのものだと主張する。ベトナムやフィリピンなどの5カ国も、対抗して近海の領有権を主張している。互いに譲れない。海底には莫大な資源が眠り、海上交通路としても重要だ。国家のプライドもかかっている。

領有権を既成事実化する定住も無理だから

 とはいえ、これらの島々に人が定住するのはとても無理。中国が領有権を主張するなかで最大の島でも、大きさはセントラルパークの半分ほど。満潮になると、海に飲み込まれてしまう島もある。

 だからこそベトナム政府は、実効支配のしるしとして、観光客を乗せた豪華クルーズ船でぐるぐると島々を巡っているわけだ。

 もっとも、最初にクルーズ船を使ったのはベトナムではない。中国は2013年から、南シナ海の西沙諸島にある永興島に行く旅行チケットを1,000ドル以上で販売してきた。永興島にはある中国の小さな前哨基地を見学に行く片道15時間の船旅だ。ただし永興島には観光客が滞在できるような施設はなく、船中で夜を明かす。

 だが、南シナ海のちっぽけな島々は少しずつ大きくなっている。中国が海を埋め立てて大きくしているからだ。ベトナムも、規模は小さいながら同じことをやっている。

 南沙諸島もいつの日か、リゾート開発にふさわしい土地になるかもしれない。だが現在のところは中国もベトナムも、軍用滑走路や塹壕、砲座などを築くのに大忙しだ。

From GlobalPost.com特約

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 3

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 4

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 5

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 9

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月