最新記事

イスラム国

アフガニスタンを脅かすISISの戦線拡大

地球規模でのジハードを叫ぶテロ組織の新たな前線がアジアに生まれる?

2015年1月22日(木)15時29分
フランツシュテファン・ガディ

アフガンへ 写真はシリア北部で勝利の行進をするISIS Reuters

 シリアとイラクで攻勢を強めていたイスラム教スンニ派テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)がついに、アフガニスタンに勢力を伸ばし始めた。アフガニスタン当局は先週、同国南部でのISISの活動を初めて認めた。ヘルマンド州でISISとタリバンが交戦し、20人ほどの死傷者が出たという。

 アフガニスタンでのISISの活動の鍵を握るとみられるのはタリバンの元司令官だ。指導部と反目してタリバンを去り、指揮下の戦闘員にISISの黒い旗を掲げさせているらしい。

 今月中旬には、パキスタン・タリバン運動(TTP)の元報道官でISISにくら替えした男の動画がネットで公開。元報道官は「ここにいる10部隊の指揮官が(ISISの指導者)アブ・バクル・アル・バグダディに忠誠を誓う」と宣言した。

 アフガニスタンの当局者の間では「アルカイダ、タリバン、ISISと旗が変わっても、結局は同じような連中だ」といった見方もある。しかし、アフガニスタンとパキスタンで活動するタリバンと違い、地球規模で「ジハード(聖戦)」を叫ぶISISはさらに厄介な存在だ。

 昨年末に発表された国連の報告書によると、「タリバン指導部はタリバンに加わるべき若者がISISに奪われてしまうと警戒感を募らせている」という。

 挙国一致を掲げながら、タリバンと対立が続く新政権は、ISISにも対処を迫られている。

[2015年1月27日号掲載]

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 3

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 4

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 5

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 9

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月