最新記事

シリア

増殖し複雑化し続ける対テロ戦争の敵

アメリカが始めた新しい戦争は、アサド政権に漁夫の利を与えただけかもしれない

2014年10月3日(金)12時38分
ウィリアム・ドブソン(本誌コラムニスト)

複雑怪奇 シリアとヨルダンの国境検問所を守るアルヌスラ戦線の戦闘員 Ammar Khassawneh-Reuters

 アメリカがまた新しい戦争を始めた。今度の敵はイスラム教スンニ派テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)。開戦第1夜、米軍と有志連合軍による空からの攻撃は3波に及び、シリア国内にあるISISの拠点や訓練施設、物資等の供給路を攻撃した。

 だがアメリカは空爆の初めに、別な相手にも攻撃を加えていた。シリア北部アレッポ郊外の2カ所に、駆逐艦から巡航ミサイルを撃ち込んだのだ。

 標的は「ホラサン・グループ」と呼ばれるテロリスト集団だ。やはりイスラム過激派だが、小規模で知名度も低い。アメリカ政府当局が初めてこの集団に言及したのは、つい1週間ほど前のことだ。

 当局によれば、ホラサン・グループを構成するのは国際テロ組織アルカイダに所属し、アフガニスタンとパキスタンで経験を積んだ戦闘員たち。アルカイダ最高幹部のアイマン・アル・ザワヒリは彼らをシリアに送り込み、新たな戦闘員の調達や訓練、そして戦力の強化を狙っているという。内戦下のシリアは事実上の無政府状態にあるから、こうした武装勢力が活動するには理想的な環境と言える。

 しかも、ホラサンの真の任務はアメリカ本土や欧州諸国に対するテロ攻撃だという。構成員は50人程度だが、イエメンのアルカイダ系組織に属する爆弾作りのプロと合流し、爆弾製造技術を磨いてきたとされる。

 そのホラサンが攻撃を実行する段階に近づいたという情報を、アメリカ政府はつかんだ。だから、急いで拠点をたたく必要が生じたわけだ。

 アメリカはISIS壊滅作戦を強化する一方、「対テロ戦争」の当初の敵アルカイダが生み出した組織にも攻撃を加えたことになる。テロとの戦いはますます多面的になってきた。血みどろの内戦と事実上の無政府状態という不安定な環境(シリアだけでなく、アフリカやアジアの一部にもある)は、イスラム過激派の増殖に最適なのだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

海運業界が緊急フーシ派対策を要請、紅海沈没2隻目で

ワールド

ロ朝条約、侵略受ければ「遅延なく全ての軍事支援」明

ビジネス

フェラーリ初のEV、価格は50万ドル超か=関係筋

ビジネス

ビットコインETF、豪主要取引所ASXで取引開始
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中