最新記事

イスラム過激派

ISIS、2人目の米ジャーナリストも殺害

前回と酷似した「殺害」ビデオの最後には、元イギリス兵の殺害予告もあった

2014年9月3日(水)18時17分
リジー・トメイ

新たな挑発 11年にリビアで取材中のソトロフ(中央、黒いヘルメット着用)。昨年シリアで行方不明になっていた Etienne de Malglaive/Getty Images

 イラク北部で勢力を拡大するスンニ派テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)が、再びアメリカ人ジャーナリストを殺害したとするビデオを公表した。先月ISISがアメリカ人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリーの殺害ビデオを公表した時と状況は酷似している。

 米情報筋は現在、今回のビデオの信用性を検証している。米国務省のジェニファー・プサーキ報道官は、「もしこのビデオが本物なら、再び罪のないアメリカ市民の命を奪った野蛮な行為に気分が悪くなる」と語った。

 今回のビデオに出てくるのは、米タイム誌などに寄稿していた31歳のフリーのアメリカ人ジャーナリスト、スティーブン・ソトロフで、昨年シリアで行方不明になっていた。ソトロフの親類の代理人はAP通信の取材に対して、家族はニュースを聞いて悲しみに暮れていると語った。

 今週公表されたビデオは「アメリカへの第2のメッセージ」というタイトルで、その内容は先月19日に公表されたフォーリーの殺害ビデオに酷似している。

 前回同様、ビデオはバラク・オバマ米大統領がISISとの戦いを誓う場面から始まる。今回は、フォーリーの殺害が確認された後の先月20日のオバマの声明が使われている。

「我々は容赦しない。アメリカ人に危害が加えられるなら、それが世界のどこであろうと、正義が下されるために必要なことをやる。我々はISILに立ち向かう」と、ビデオでオバマは語る。

 次のシーンでは、ソトロフが黒い服に全身を包んだ兵士の脇でひざまずいている。フォーリーと同じように。ソトロフもオレンジ色のつなぎの服を着せられ、襟には小さなマイクが付けられている。

ソトロフは言う。「オバマよ、アメリカがイラクに侵攻したのは、アメリカ人の生命と財産を守るためだったはずだ。それなのになぜ、その代償を私が命で払わなければならないのか」

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月