最新記事

医療

ポリオ撲滅活動の敵はイスラム武装組織

外国人医療スタッフをスパイ扱いして襲撃するボコ・ハラムやタリバンが感染症を拡大させる

2014年8月7日(木)12時39分
キャスリーン・コールダーウッド

撲滅を目指して ナイジェリアでポリオワクチンを運ぶ医療関係者 Akintunde Akinleye-Reuters

 手足の麻痺を引き起こしたり場合によっては命にも関わる感染症、ポリオ(小児麻痺)。この病気の予防・撲滅を目指す活動には、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツらが年間10億ドル以上の資金を寄付している。

 WHO(世界保健機関)によればこうした活動のかいあって、1988年以降ポリオの発生数は99%も減少した。にもかかわらず、世界には今もポリオが流行している地域がある。ナイジェリアとパキスタン、アフガニスタンのイスラム武装組織が支配する地域だ。

「ポリオワクチンの接種プログラムが襲撃の標的になっている」と、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団などの支援を受けてWHOやユニセフ(国連児童基金)などが展開する「世界ポリオ撲滅イニシアチブ(GPEI)」の報告書は指摘する。「最前線で活動していた25人以上のスタッフが、予防接種プログラムに関係したという理由で殺されている」

 ナイジェリアでは、北部で勢力を伸ばしているイスラム武装組織ボコ・ハラムが、パキスタンやアフガニスタンではタリバンが、外国人の医療関係者を欧米諸国のスパイではないかと疑って襲撃している。

 過去には実際、医療支援がスパイ活動に利用された例があった。CIA(米中央情報局)は2011年、偽の予防接種プログラムを隠れみのに使って、国際テロ組織アルカイダの最高指導者ウサマ・ビンラディンの行方を突き止め、殺害に成功した。

 そのせいで予防接種活動をめぐる状況はさらに悪化したと、メリーランド大学に本拠を置く研究機関「テロおよびテロ対策研究のための全米コンソーシアム」の研究者でボコ・ハラムに詳しいエイミー・ペートは言う。「予防接種の関係者が直接狙われるようになった。(予防接種関係の)組織は外国政府の手先だという彼らの主張の一部が正当化されてしまった」

 GPEIによれば昨年以降、ナイジェリアで53例、パキスタンで93例のポリオの発症例が確認されている。WHOのマーガレット・チャン事務局長は5月、ポリオウイルスの感染が拡大しているとして「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。

ニュース速報

ワールド

東京都、五輪の簡素化を検討 橋本担当相「IOCなど

ワールド

オーストラリアとの航空便再開、7月は早すぎる=NZ

ワールド

五輪開催「ワクチン開発が条件」との事実ない=官房長

ワールド

IOC・組織委・東京都の動きをしっかり注視=五輪簡

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月