最新記事

中東

「シシ新大統領」は救世主になれるか

リークされた発言から読み解く改革への知られざる覚悟と真意

2014年5月26日(月)12時03分
トム・デール

熱い期待 支持者はシシが国に安定をもたらすと信じて疑わないが Mohamed Abd El Ghany-Reuters

 エジプトのアブデル・ファタハ・アル・シシ国防相は今年3月末、国防相など軍トップを辞任して次期大統領選に出馬することを表明した。シシは現代のエジプト政界で最も人気があり、世論調査の結果からすれば圧勝は確実とみられている。

 とはいうものの、シシはどんな大統領になるだろうか。演説では国民の結束を呼び掛け、庶民をたたえる言葉を並べ立てて大勢の崇拝者を獲得した。シシを崇拝する人々は、彼こそ過去3年間の激動の末に安定をもたらす待望の人物だと信じて疑わない。

 しかしシシには、演説しているときとは別の顔がある。昨年10〜12月、非公式の発言などを記録した動画や音声がYouTubeに投稿され、ムスリム同胞団(ムハンマド・モルシ前大統領の支持母体)やアルジャジーラと関係があるとされるニュースサイトで公開された。12年後半から公開直前までに記録されたものらしい(軍はコメントを拒否)。

 シシをエジプトの救世主と考えるエジプト人は、リークされた発言に驚くかもしれない。「民衆は私が優しい人間だと思っているが、それは違う。私は拷問であり苦痛だ」と、シシは語っている。

財政改革に問われる手腕

 リークされた発言からは、シシが過去6カ月の間、出馬表明をしなかった理由がよく分かる。出馬するには軍トップを辞任しなければならないことを承知していたからだ。

 10月初旬に公開された音声では、憲法改正案の策定中でシシの出馬を求める声がそれまで以上に高まっていたにもかかわらず、シシは次のように語っている。「世論に働き掛けて、シシ国防相が訴追されないよう憲法に免責条項を付加し、大統領の座に就けなかった場合でも国防相に復帰できるようにする」

 ホスニ・ムバラク元大統領とモルシという前任者2人が権力の座を追われたことを念頭に、退路を確保しておきたがっていたようだ。

 その後も訴追免責条項は付加されず、間もなく圧倒的人気が明らかになっても、シシは出馬表明どころか、支持者や報道陣に何カ月間も待つよう諭し続けた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中