最新記事

科学

未来の「お酒」を飲んで二日酔いとおさらば

新しい効能が発見された化合物を使えば、悪酔いしない酒(の代替物)が作れるようになるかも

2013年12月20日(金)15時19分
ジョン・エリクソン

いくらでも飲める? 飲み過ぎとは無縁の「夢のカクテル」ができるかもしれない Danish Siddiqui-Reuters

 楽しく飲んだ翌朝、私たちを襲う二日酔い。あのつらい二日酔いが過去のものとなるかもしれない。インペリアル・カレッジ・ロンドンのデービッド・ナット教授(神経精神薬理学)の言うことを信じるならば──。

 ナットが11月、英ガーディアン紙に寄稿した記事によれば、最近新しい効能が発見された5つの化合物をもとにアルコールの代替物を合成すれば、悪酔いや二日酔いなど飲酒による悪影響とおさらばできるという。

 この代替物は特定の組み合わせの神経伝達物質を刺激し、さらに「解毒剤」としても素早く作用する。頭が痛くなったり怒りっぽくなったり、光に敏感になったりといった症状を取り除くだけでなく、酔っぱらった末のけがやけんか、飲酒運転による事故も防止できるのだ。

 ナットの二日酔いに対する神経科学的研究の起点となっているのは「アルコールは毒である」という揺るぎない事実だ。アルコールは精神医学的にも生理学的にも問題の多い物質で、認知プロセスと身体機能の両方を損なう。

 もし太古の昔から飲まれていたものでなければ、麻薬並みに厳しい取り締まりの対象となっていたかもしれない。人体への害はヘロインやコカイン、覚醒剤以上と言われるくらいだ。

 酒を無毒化するにはまず、アルコールがこうした「副作用」をどうやって引き起こすかを理解しなければならない。

「アルコールが標的にするのは主に、ガンマアミノ酪酸(GABA)という脳内の神経伝達物質だ。GABAは脳を穏やかな状態で維持する役割を担っている」とナットは言う。「アルコールはGABAのこの機能を模倣し、増強することで、飲んだ人をリラックスさせる」

 一方でGABAにはいくつかの種類があり、アルコール以外の物質にも反応する。「だから理論上は、リラックスして社交的になるというアルコールの効果はそのままに、攻撃性を高めたり依存症を引き起こすといった望ましくない効果をなくした代替物を作ることは可能だ」とナットは言う。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

インドネシア、ゴールデンビザ制度開始 外国人投資家

ワールド

韓国が減税案、株式市場活性化へ相続税引き下げ 少子

ビジネス

独IFO業況指数、7月は87.0に低下 悲観的見方

ビジネス

再送日産、米国不振で今期利益を下方修正 4─6月期
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中