最新記事

スポーツ

悲劇を乗り越えたイギリスの新テニス王者

ANDY MURRAY

マレーは全英オープンを制したイギリス人というだけでなく、銃乱射事件のサバイバーだった

2013年7月23日(火)17時59分
ニコ・ハインズ

 テニスの聖地ウィンブルドンで行われた全英オープンの男子シングルス決勝で、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を下して初優勝を飾ったアンディ・マレー(26)。自国民の大会制覇は77年ぶりとあって、イギリス中が興奮の渦に包まれ、キャメロン英首相はマレーへのナイトの称号授与まで検討している。

 マレーの優勝が人々を感動させるのは、イギリス国民の長年の悲願をかなえたからだけではないようだ。彼は17年前、通っていた小学校でイギリス史上最悪の銃乱射事件に遭遇した。危機一髪で難を逃れ、その記憶に苦しみながら頂点に上り詰めたマレーの半生は、多くのイギリス人の心を揺さぶっている。

 96年3月13日、スコットランドの小さな町ダンブレーンで小学校の体育館に銃を持った男が押し入り、5〜6歳の児童16人と教師1人を射殺した。当時8歳だったマレーは机の下に隠れて銃声を聞いていたという。彼は先月、事件について初めて取材に応じ、「どれほどつらい体験か誰にも分からないだろう」と語った。

「アンディのクラスは体育館へ向かう途中だった。次は体育の授業だったから」と、母親のジュディはBBCに語った。「私を含め何百人もの母親が、わが子の生死も分からないまま学校の門の前に列を作っていた」

 マレーがウィンブルドンで優勝すると、母ジュディは彼が幼い頃に兄と写した写真をツイッターにアップして「長い道のりでしたね」とねぎらった。写真の中の兄弟はウィンブルドンのロゴ入りTシャツを着て、小さなテニスラケットを握りしめている。

 マレーの活躍で、人口9000人足らずのダンブレーンの町はにわかに活気づいている。町民は銃乱射事件後に寄せられた寄付金で建てたコミュニティーセンターに集まり、試合を観戦。優勝後には即席パレードが通りを練り歩いた。

 イギリス全土を覆い尽くすお祝いムードは、長年の民族対立さえ吹き飛ばすかもしれない。イギリスからの独立を掲げるスコットランド民族党のアレックス・サモンド党首が、決勝戦の会場で(キャメロンの背後から)スコットランド国旗を掲げたことが一部で問題視されている。だが大半の国民は、英ガーディアン紙の記事と同じ気持ちのようだ。

「アンディ・マレーがスコットランド人かイギリス人か。そんなことはどうでもいい。彼は私たち全員の仲間だ」

[2013年7月23日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

中計売上高1兆円は前倒しで進捗=高橋ドンキホーテH

ビジネス

日立子会社の英原発建設計画、欧州委が環境面で「肯定

ワールド

オランダで音楽フェス終了後の会場に車が突っ込む 1

ワールド

ロンドン市など、ガソリン・ディーゼル車の販売禁止前

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも影響が

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 4

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 5

    大阪北部で震度6弱、3人死亡 JR・私鉄が運休、工…

  • 6

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 7

    イスラエルとイラン、戦争で勝つのはどっちだ

  • 8

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    手術されるインターセックスの子供たち トップモデ…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人生初のセックスは「上手くいった」!

  • 4

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 5

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 6

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 7

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 10

    「寄付してくれたら結婚します」 白血病の妹を助け…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月