最新記事

北朝鮮

金正恩がはしゃぐもう1つの理由

ミサイル実験成功にとどまらない、予想以上に進む核開発の実態

2013年1月25日(金)17時32分
横田孝(本誌編集長)

次の目標へ 長距離弾道ミサイルの発射実験の事実上の成功を祝う金正恩と技術者たち KCNA-Reuters

 先週、事実上の長距離弾道ミサイル発射実験を「誇らしい快勝」と評した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記。軌道に乗ったとされる「衛星」は制御を失っていると報じられているが、弾道ミサイルの打ち上げ能力とアメリカに対する「抑止力」を高めたことに変わりはない。

 同時に、金正恩の軍部内での求心力も高まった。昨年、金正日(キム・ジョンイル)総書記の死去を受けて最高指導者になった金正恩だが、これまで軍部をどれだけ掌握できているか疑問視されてきた。国際社会からの警告にもかかわらず実験を強行したことによって、金正恩は父親や祖父のように「米帝の敵視政策に立ち向かう指導者」というイメージを確立できた。

 注目すべきは、日米韓の予想を超えた北朝鮮の軍事技術の進歩の速さだろう。今年4月に行った実験は失敗に終わったものの、北朝鮮が短期間で問題点を修正できたことは、各国の国防当局に衝撃をもたらした。

 言うまでもないが、急ピッチで進められているのはミサイル開発だけではない。北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議が08年を最後に開かれていないため最近あまり注目されていないが、核開発計画も着々と進んでいる。

 北朝鮮は08年に寧辺にある核施設の一部を「無能力化」したものの、別の形で核物質を増やそうとしている。09年にはウラン濃縮施設を完成させ、さらに現在2基の軽水炉を建設中だ。国際原子力機関(IAEA)のオリ・ハイノネン前事務次長によると、2〜3年後に稼働する可能性があるという。

 一般的に軽水炉で兵器級の核物質は作りにくいとされるが、不可能ではない。北朝鮮は既に核兵器約6個分のプルトニウムを保有している。2基の軽水炉が完成すれば、早ければ5年後にはさらに毎年核兵器2個分のプルトニウムを作る能力を手にする。

 北朝鮮が着実に技術力を高めていることを考えると、「5年後には核弾頭を弾道ミサイルに搭載する技術を獲得するかもしれない」と、ケネス・キノネス元米国務省北朝鮮分析官は言う。

米政権が探る対話への道

 目下の焦点は国連安全保障理事会でどのような制裁が下されるかだが、北朝鮮に圧力をかければかけるほど、軍部の手前、金正恩は強硬に出ざるを得ない。

 とはいえ、これで対話への道が閉ざされたわけではない。米オバマ政権に近い筋によると、アメリカは朝鮮戦争で戦死した米兵の遺骨収集計画を来年に再提案することを検討しているという。米朝両国がこれまで遺骨収集を対話への足がかりにしてきたことを考えると、ミサイル実験にかかわらず「人道的措置」を口実に交渉のテーブルに戻る可能性はある。

 さらに、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領選の両候補は現政権下で進められた対北強硬姿勢を改めるとしている。何をしようが対話の窓口が完全に閉ざされることはないと踏んで、北朝鮮が実験に踏み切った側面もあるだろう。
世界の怒りを買っても、北朝鮮は何一つ失っていない。金正恩がほくそ笑むのも無理はない。

[2012年12月26日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退 Xで表明

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中