最新記事

サイエンス

脳科学で解き明かす「性欲」の謎

大規模な調査で人間の性行動の思いがけない実態に迫った衝撃作『性欲の科学―なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか』

2012年2月13日(月)18時48分
ジェシカ・ベネット

 その「実験」が行われたのは、09年の夏のこと。使われたのは皿いっぱいのパスタ、それにエッチな映像だ。

 当時ボストン大学の博士課程だったオギ・オーガスは、自分が住んでいるアパートのロビーで隣人のゲイのカップルに出くわした。知り合いというほどの仲ではないが、頼んでみる価値はあると考えたオーガスは、彼らに自分の研究に協力してくれないかと尋ねた。オーガスの研究とは――セックスについての大規模調査だ。

 そのカップルはちょっとたじろぎながら笑った。それでも、興味を持ってくれたようだ。48時間後には、そのカップルとオーガスの男3人が真っ赤なビニール製のソファに腰掛け、パスタと赤ワインを片手にゲイポルノ鑑賞会に取り掛かっていた。壁にはイタリアのセックスシンボル、女優ソフィア・ローレンの巨大な版画が掛けられている。3人の足元には、カップルが飼っているパグがごろん。3人のゲイポルノ鑑賞は、5時間続いた。

 計算論的神経科学を研究しているオーガスにとって、これは乱交パーティーでもなければ、趣味の時間でもなかった。難解なコンピューター・コードを書くのに忙しい博士課程の仲間と違って、オーガスの研究対象は人間の性的欲求だ。

 一緒に研究に取り組んだのは、同じ大学で機械学習の生物学モデルを研究していた親友サイ・ガダム。2人が特に興味を持っていたのは、人間の脳はどうやって「その気」になるのか、ということだ。

「僕たちの専門分野で、性欲について研究した人はそれまでいなかった。そんな研究をするなんてイカレてるんじゃないかって、仲間には思われていた」とオーガスは言う。「だけど、高度な認知機能と性的行動は、どちらも同じ神経原理で動いているんだ」

アダルト検索ワードの1位は?

 そこで2人は人間の性行動について「世界最大級の研究」を行い、新著『性欲の科学――なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか』(邦訳・阪急コミュニケーションズ)を出版した。

 2人は4億の検索ワーズと数十万の官能小説、4万のアダルトサイトなどを分析し、1億人以上の性行動を突き止めて、人間がどのように性欲をかき立てられるのか(そしてどんな風にしてポルノのネットサーフィンに駆り立てられるのか)、神経科学で解き明かすことに成功した。

 とはいえ、人間の性研究として最も学問的な手法を取ったとはいえないかもしれない。「キンゼイ・レポート」で名高い生物学者のアルフレッド・キンゼイは、性生活について1万8000件以上もの聞き取り調査を実施した。だがオーガスとガダムの研究結果は、読者を楽しませ、驚かせるには十分すぎるほどだ。

 現在、ネット上のポルノにはセックスについて人々が想像できるかぎりのあらゆるシチュエーションがそろっている。だが、アダルト検索の人気ワード、つまり人々の性嗜好というのは意外と平凡な範疇に落ち着いている。全検索ワードの80%を、たった20の人気ワードが占めているのだ。1番人気の検索ワードは何かって? 「若い子」だ。4番目に人気なのは「乳房」。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

英首相、選挙に勝てば18歳に兵役導入へ

ワールド

中国がグアテマラの貨物入国拒否、台湾との関係影響か

ビジネス

トランプ氏復権、バイデン氏続投より債券に弱気=ビル

ワールド

ラファにイスラエル軍の空爆、パレスチナ人少なくとも
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中